実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
ゆるキャン△に登場した場所を旅する「ゆるキャン△の旅」その5!の後編!
※その5(中編)は、こちらをご覧下さいm(_ _)m→(ゆるキャン△の旅5(中編))。

さて、とても長閑で居心地が良かった「大瀬崎」で少しのんびりし過ぎましたが、
次は「大瀬崎」から伊豆半島の左端を少し南下して「出逢い岬」へ。
こちらは原作では「御浜岬」と紹介されていて間違えそうになりますが、
厳密には「出逢い岬から眺める御浜岬」である。

【出逢い岬/御浜岬】(第50話)
ゆるキャンの旅5-53-2






































ゆるキャンの旅5-53






































ゆるキャンの旅5-54-2











ゆるキャンの旅5-54-2-2

















出逢い岬のモニュメント?が描かれたこの扉絵、
個人的にすごく好きなんだよなぁ~(*´▽`*)
ゆるキャン△史上最高の扉絵と言っても過言では無い(`・ω・´)b
でも、輪の真ん中に富士山を入れて撮るの忘れた・・・!くそ・・・不覚ッ!
また伊豆のこの辺りに来る事があれば、撮り直して再掲載するかも知れません。
・・・・ま、取り敢えず、時間も無くなって来たので
景色を眺めるのもそこそこに、ささっと次の場所へ~。

ーーおわりーー


で、次は、次の「達磨山展望台」に行くまでにあった景色。
ゆるキャンの旅5-55-2











ゆるキャンの旅5-55-2-2

















まぁ、別に撮る程でも無かったけど、時間も無いのに撮ってしまった。

【だるま山高原レストハウス】(第49話)
ゆるキャンの旅5-56-2










ゆるキャンの旅5-56

















 ゆるキャンの旅5-57-2




















ゆるキャンの旅5-57-2-2

















こちらは店内でゆるキャン△の曲が流れていました(笑)。
が、原作でも特に何も食べたり飲んだりしていなかったのでスルーw
ちょっと富士山を眺めただけ。と言うか、人が結構いたので直ぐに次の地へ。
人がいる場所には出来るだけ長居したくない。
でも、時間があればレストハウスで何か注文したんだけどなぁ・・・。
ゆるキャン△の曲を流して頑張って営業してるのにスルーして申し訳無いので、
次に訪れる事があれば何か食べるか飲むかしたいですm(__)mすみません。

で、次は来た道を少し戻って達磨山へ。訪れる順番、間違えたなw

【達磨山】(第50話)
ゆるキャンの旅5-58-2











ゆるキャンの旅5-58-2-2

















ゆるキャンの旅5-59-2











ゆるキャンの旅5-59

















ゆるキャンの旅5-60-2
























ゆるキャンの旅5-60-2-2

















ゆるキャンの旅5-61-2












ゆるキャンの旅5-61-2-2

















ゆるキャンの旅5-62-2










ゆるキャンの旅5-62-2-2

















ゆるキャンの旅5-63-2














ゆるキャンの旅5-63-2-2

















達磨山キター!
でも、これが・・・ハァハァ・・・意外とキツくてですね・・・ハァハァ・・・太ももに来るッ!
細野高原は余裕でしたが、達磨山は運動不足が顕著な体にはまぁまぁしんどいorz
でも、何とか山頂まで辿り着きました\(^o^)/爽やかで良い景色だぁ~!
達磨山から見える富士山も良かった!
伊豆半島からは様々な場所で富士山が良く見えますね。
やっぱり日本人なら富士山だねぃ(`・ω・´)b
この達磨山は、たぶん、アニメ2期のOPに登場している場所ですよね。
今度は日の出前に登って、温かい物でも飲みながら日の出を見たいなぁ~(*´▽`*)
それにしても、こんなに良い天気の昼間なのに、誰もいないなw

ーーおわりーー


さて、大瀬崎でもゆっくりし過ぎたし、達磨山登山でも予想外に時間が掛かって、
今日中に残り全てを巡るのは既に無理な感じになって来ました(笑)。
このまま伊豆半島の左側を攻めるか、それとも右側の「大室山」へ行くか・・・。
・・・・・・少し迷いましたが、伊豆半島の下の方にある残り3カ所は一先ず諦めて、
前日に強風で運休していた「大室山」へ向かう事に。
もう1泊して「大室山」を明日にして、もし明日また強風等で運休していたら
目も当てられないので、「大室山」は確実に運行している今日に行っておこう!
そして、伊豆半島の下の方は、もう1泊して明日にしよう!という作戦に急遽変更。
そんなわけで、またまた来た道を戻ってレストハウスの前を通って「大室山」へ。
訪れる順番、完全に間違えたなw

【大室山】(第51話)
ゆるキャンの旅5-64-2
















ゆるキャンの旅5-64

















ゆるキャンの旅5-65-2











ゆるキャンの旅5-65-2-2

















ゆるキャンの旅5-66-2














ゆるキャンの旅5-66-2-2

















ゆるキャンの旅5-67-2















ゆるキャンの旅5-67-2-2

















ゆるキャンの旅5-68-2













ゆるキャンの旅5-68-2-2

















ゆるキャンの旅5-69-2











ゆるキャンの旅5-69-2-2

















ゆるキャンの旅5-70-2












ゆるキャンの旅5-70-2-2

















ゆるキャンの旅5-71-2














ゆるキャンの旅5-71

















一日焦らされましたが、遂に来ました\(^o^)/大室山!
事前に確認した通り、しっかりリフトも動いてる!
因みに、運行状況はコチラ↓↓↓で見れます。リフトの料金は¥700。
http://omuroyama.com/
てか、リフト、恐ええええええ((((;゚Д゚))))!!!!
リフトなんて初めて乗った様な気がしますが、高所が恐い人が乗る物では無い!
でも、まぁ、上りはまだマシ。前を見ても斜面しか見えないので。
で、来ました「記念撮影」くん!
これ、機械の声で自動で撮るのかと思っていましたが、
一回一回、生身の人間がそれぞれ違うセリフで声を掛けて撮ってるんですね!
係の人の話術、すご!w
僕だったら「え・・・あ・・・う・・・」て言ってる間に客が通り過ぎるw
取り敢えず、大室山の穴?の周囲を一周しましたが、
ここからの富士山も良いですね~。でも、下りのリフトが嫌過ぎるw
大室山は自力登山は禁止らしいので、リフトに乗らないと下山する事が出来ない。
上りのリフトはまだマシですが、下りなんて、まるで空を飛んでるみたいじゃないか!
こんな、いつずり落ちるか分からん様なイスに座って、目の前は空と遥か下の地面!
無理無理無理無理無理!これは無理((((;゚Д゚))))!!!
しかし、大人独りで駄々をこねるわけにもいかず、平静を装っていましたが、
密かに、終始、リフトにしがみついてましたね!
ちょっとでも手を離すと恐ろしさに耐えられないので、終始、しがみついていた。
冷たいリフトの金属にずっとしがみついていたので、手が凍るかと思った。
リフトなんてもう二度と乗らんわwwwでも大室山は良かったです。

ーーおわりーー


因みに、隣の「伊豆シャボテン動物公園」は最初から予定に無し!
カピバラが温泉入ってるの見てどうしろと!?という感じ。全く興味無し!
てか、変なおっさんがカピバラの入浴シーン見てニヤニヤしてたらヤバいでしょ!w
しかも女児が居てカメラなんて構えた日にゃあ・・・通報されるわ!w
学生時代はジャニーズのタッキーと言われ、
金髪長髪時代はロードオブザリングのオーランドブルームとも言われたがw、
今はただの頭のおかしい変なおっさん、いや、変なHENTAIである!
そんな奴が動物公園はヤバい!・・・まぁ、無料なら入ったかも知れんけどw

さて、カピバラは置いといて、ここでもう15時前である。
予想通り、どう頑張っても残り全てを巡るのは無理だ!
と言うわけで、急遽、もう1泊する事に。昨日と同じホテルを予約!
"グランドホテル"なのに普通のビジネスホテルと言う、あのホテルである。

・・・・・・・・・・・・。
で、翌日。伊豆キャンの旅、予期せぬ3日目である。

今日は簡単な所を3カ所巡るだけなので時間が余るだろう。
余った時間に軽く廃墟にでも行くか~と言う感じ。

そんなわけで、のんびりと堂ヶ島へ~。
【堂ヶ島食堂】(第48話)
ゆるキャンの旅5-72-2











ゆるキャンの旅5-72-2-2

















良い感じで開店時間の少し前くらいに着いたので、先ずは堂ヶ島をぶらぶら。
そして開店して早速「俺のぶっかけ丼」(税込¥1859)を注文!
アジフライ定食も捨て難かったが、原作でもぶっかけ丼だったしな。
普通の海鮮丼+めかぶ?+生卵?みたいな感じ。
当然、美味かったけど・・・・・・値段と比較すると、まぁ普通かな、と(^_^;)
これで¥980だったら「うめえΣ(゚д゚)!!!」て、なるけど。まぁ普通。
でも、小鉢の白菜の煮物?と味噌汁は抜群に美味かった(`・ω・´)b
あと、普通サイズを注文したのに、意外と量が多かった。
予めホテルの朝食を少なめにしておいて良かった。満腹。

ーーおわりーー


そんな感じで、次は蛇石峠を通ってエビである。
が!、ある程度進んだ所で「蛇石峠 全面通行止」の看板が!
おいまじか!
・・・でも、看板を避けて通れるし、気にせず走ってみた。すると!
まぁまぁ走った所で、工事の人達が道路の真ん中で寝てたw
一応、聞いてみたけど、やっぱり通れないらしい・・・まじかっ・・・orz
通行止めなら、もっと、道路の最後の分岐の少し前に書いて欲しかった。
まぁ、書いてても進んだと思うけどw

そんなわけで、来た道を戻り、違う道から~
【伊勢海老の標語】(第43話)
ゆるキャンの旅5-73-2




















ゆるキャンの旅5-73-2-2

















思ったよりも小さくてしょんぼり(´・ω・`)
でも、何故、こんな交通量が激少ない所に!?
通行止めの影響で車がぜんっぜん通らないだけなのかな・・・。
よく分からん(笑)。

ーーおわりーー


そんな感じで、次は遂に最後の聖地である\(^o^)/
取り敢えず、干物でも買って、その後は軽く廃墟でも行くか~、と言う感じ。
しかし、干物屋さんに行くと、干物が冷凍だった。
あれ・・・?干物って、カチカチの干からびた魚じゃないの(笑)?何故冷凍?
干物の概念が分からなくなってきたぞ・・・(´・ω・`)
そんなわけで、冷凍食品を車に置いたまま廃墟に行くわけにもいかないので、
閉店前くらいに再び訪れる事にしました。それまでの時間、約3時間!
超巨大廃墟なので3時間で撮るのは厳しいかな・・・と思いつつも、行ってみた。
・・・・・・。
やっぱり無理だったw
最後の方は廃墟内を駆け足で撮りましたが、残念ながら時間切れw
取り敢えず、廃墟の塵芥と汗に塗れた乞食みたいな格好で
干物屋さんに行くわけにはいかないので、顔と髪の毛を拭いて着替えてからの~
【万宝商店】(第44話)
ゆるキャンの旅5-74-2


















ゆるキャンの旅5-74-2-2

















長かった伊豆キャン旅行も遂にゴールだあああ\(^o^)/ああああ!!!
こちらでお土産(干物)を買って帰りました。
・地金目鯛の一夜干し(¥2300)、
・サヨリの干物(¥700)、
・メヒカリ開き(¥400)、
・真アジの開き(大)(¥500)、
以上4点で¥4212!・・・高い(笑)!
保冷剤を多めに入れてくれたので、途中で温泉に入ってから大阪に着くまで
解ける事無く、無事に帰って来れました!ありがとうございます!
因みに、味は・・・よく分からん(笑)。普通の美味い魚だった(笑)。
特に金目鯛は2300円もしたのに・・・、値段相応の味が僕には分からん!
味の分からん奴が高い物を食べても完全に金の無駄ですね(^_^;)
でも、ま、取り敢えず、値段は別にして、・・・うん、美味い魚でした。

ーーおわりーー


こんな感じで、最後は「百笑の湯」に入って帰りました。
http://izu.tokinosumika.com/hyakuwarai/
だいぶ前に来た事がありますが、海水の7倍の濃度らしい「塩の湯」にまた入りたくて。
ここは湯の種類もいっぱいあって、どの湯も良い湯で、超元気になりました。
「長泉沼津」から「亀山」まで4時間ノンストップで帰れたくらい元気になった(笑)。
因みに、ここでも海鮮丼を食べてみましたが、値段の割に激ショボでしたw
そう考えると、やっぱり堂ヶ島食堂の海鮮丼は美味かったなぁ、と(笑)。

いや~、今回のゆるキャン△旅もすごく良い旅になったなぁ~。
出来れば1泊で帰りたかったけどw
でも、伊豆は廃墟も景勝地もたくさんあって、すごく良い所ですよね。
またまたゆるキャン△に感謝ですm(__)m

それにしても、伊豆の様々な場所に「ゆるキャン△」のポスターが貼ってあったり、
コミックスが置いてあったり、巡礼客と思われる人もちらほらと見掛けたし、
「ゆるキャン△」の経済効果・・・と言うか、影響力、凄いですね!

ゆるキャン△の旅6(前編)」へ続く~!

Comments

    • 人形's comment
    • 2021年03月01日 07:58
    • 主様、皆様こんにちは。
      聖地巡礼はテンションが上がりますよね!わたくし「ゆるキャン△」は全く存じ上げませんが、原作と写真の構図がほぼ一致していて非常に分かりやすかったです。エビのモニュメントの所などは映り込みの文字の切れ方も忠実に再現されていて素晴らしと感心いたしました。伊豆は本当に良いところですね。行って見たくなりました。
      余談ですが、タッキーにオーランドブルームとは主様相当イケメンですね!
    • C.C.'s comment
    • 2021年03月01日 23:40
    • こんにちは。毎度コメントありがとうございます。
      聖地巡礼、良いですよね~(^v^)静岡行きまくりです(笑)。

      出来れば全部原作と同じ写真になる様に撮りたかったのですが、普通のレンズしか持ってないもので・・・(^_^;)普通のレンズで出来るだけ広角の構図と同じになる様に、無駄に頑張って撮ってみましたw
      無駄な頑張りを少しでも気付いて頂けて有難いですm(__)m

      伊豆編はそろそろ来週くらいからアニメでも放送すると思うので、ゆるキャン△、是非、漫画を読んでアニメも観てみて下さい(笑)!そして伊豆に行きましょう!
      (一人だけちょっと巨乳もいますw)・・・・・・あ、いや、すいません、まぁ、気が向いたらどうぞ~。

      廃墟ブログなのに廃墟じゃない記事を最後まで見て頂き、どうも有難う御座いました!

      あ、あと、僕はただの変なHENTAIです。
      外見とかどうでも良いのに余計な事を書いて誤解させてしまい、申し訳ありません!!!

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ