実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
ゆるキャン△に登場した場所を旅する「ゆるキャン△の旅」その5!の中編!
※その5(前編)は、こちらをご覧下さいm(_ _)m→(ゆるキャン△の旅5(前編))。

さて、「大室山」のリフトが強風で運休していたので、
「大室山」を翌日に後回しにする代わりに、
翌日に巡る予定だった伊豆半島の左側を出来るだけ巡っておこう!という事で、
「天城わさびの里」の次にやって来たのが・・・、
【黄金崎】(第48話)
ゆるキャンの旅5-26-2













ゆるキャンの旅5-26-2-2

















ゆるキャンの旅5-27-2












ゆるキャンの旅5-27-2-2

















ゆるキャンの旅5-27-3-2-2

















ゆるキャンの旅5-28-2











ゆるキャンの旅5-28

















ゆるキャンの旅5-29-2












ゆるキャンの旅5-29

















こちらは、志摩リンが朝早くに目覚めて独りで出掛けた場所。
僕と同じで協調性が無い(笑)。流石ソロキャンガール(`・ω・´)b
てか、風、強えええええええええΣ(゚д゚lll)!!!!
尋常じゃないくらいの強風が吹き荒れているッ!!!!
真っ直ぐに立っていられない程の、恐怖すら覚える程の強風であるッ!!!
余り崖っぷちに立つと、強風に煽られて転落死しそうだ((((;゚Д゚))))
当然、カメラなんて構えてる場合じゃない程の強風なので、ブレまくってたw
何枚も同じ構図で撮っていて良かった。
これが「数打っちゃブレてないのもあるだろう作戦」である!
それにしても、この風は凄過ぎるッ!いや、まじで!
強風で海水が巻き上げられてシャワーの如く降りかかる、カメラにも身体にも!
海面からは遥か高みにある崖上の無料駐車場に停めた車に戻ると、
車が吹き上げられた潮を大量に浴びて、
窓が視界ゼロになるくらい真っ白に汚れまくっていた(笑)。
この風は半端ない!けど、景色が凄おおおおおΣ(゚д゚)!!!
伊豆は断崖絶壁が多いのかな。海辺の景色が凄まじい所が多いですね(^_^;)
猛烈な強風が無ければもっとゆっくり観れたのに・・・ちょっと残念でした。

ーーおわりーー


黄金崎の強風と絶景に驚愕しつつ伊豆半島の左端を少し南下して、
次に訪れたのが、
【堂ヶ島】(第48話)
ゆるキャンの旅5-30-2










ゆるキャンの旅5-30-2-2

















ゆるキャンの旅5-31-2











ゆるキャンの旅5-31-2-2

















こちらもやはり強風が吹き荒れている!風が強過ぎて波も強烈だったからか、
「見ろ 南極観測船の出港だ」の南極観測船wも停まっていなかった。
風、凄おおお!!!でも、海、綺麗えええ!!!景色、やばあああ!!!
伊豆、最高過ぎるだろおおお!!!
さて、ここでついでに堂ヶ島食堂に行きたい所ではありましたが、
もう閉まっている時間なので翌日に後回し。
取り敢えず、営業時間が関係無い所を出来るだけ巡っておく。
そんなわけで、そのまま天窓洞へ!

【天窓洞】(第48話)
ゆるキャンの旅5-32-2










ゆるキャンの旅5-32-2-2

















ゆるキャンの旅5-33-2










ゆるキャンの旅5-33-2-2

















ゆるキャンの旅5-34-2














ゆるキャンの旅5-34-2-2

















まさに「でっかい穴やなぁ」である。これも凄いな・・・。
自然が、人智が及ばぬ長き年月を掛けて作り上げた驚異の大自然芸術である。
龍宮窟もそうでしたが、これ、落ちたら死ぬぞwww
当然、柵はあるけど、余り崖っぷちに近付かない様にしないと・・・。
てか、伊豆、凄過ぎる!
伊豆は廃墟の数も質も凄いが、景勝地も抜群に凄い!
伊豆は、廃墟も景色も何もかもが全体的に規模と言うか・・・次元が違う感じ。
ダイナミックだ\(^o^)/

で、そのまま隣のトンボロへ!
【三四郎島のトンボロ】(第48話・第49話)
ゆるキャンの旅5-35-2











ゆるキャンの旅5-35-2-2

















ゆるキャンの旅5-36-2












ゆるキャンの旅5-36-2-2

















駄目だ・・・全く渡れない・・・orz
まぁ、出発前に予め「潮位表」をチェックしていたので知っていましたが、
ぜんっぜん渡れる気配が無い・・・いや、でも、本気を出したら渡れん事も無さそうw
ずぶ濡れになる覚悟があれば渡れるぞ!と、思ったけども、勿論、止めました(笑)。
潮位表を見ると3月以降は結構渡れる日がありますね~。
でも、それだと遅い。アニメ2期が終わって人がいっぱい来たら嫌w
何処の誰かも分からん他の巡礼客と一緒に聖地巡礼したくないw
てか、聖地巡礼してる姿を見られたくないwww
そんなわけで、残念ですが、トンボロは諦めました。
・・・あぁ、トンボロ・・・食べたかったなぁ・・・(´・ω・`)

ーーおわりーー


因みに、原作ではこの近所の温泉に入っていましたが、温泉宿のHPを見ると、
何だか日帰り入浴はやって無さそうな雰囲気だったので、温泉には寄らず。
故に写真も無し。寄りもしないのに厚かましく写真だけ撮るなんて事はしない。

さて、トンボロが食べれなくて残念ですが、まだ陽は沈んでいない!まだ巡れる!
と言うわけで、堂ヶ島から少し南下して沢田公園へ!
ここの露天風呂が今の時期は午後6時まで営業しているはずなので、
今日の旅の最後は海辺の露天風呂で夕陽を眺めながら〆よう( ´∀`)b
なんて最高な旅行初日なんだ・・・!我ながら天晴れである!

【沢田公園】(第48話)
ゆるキャンの旅5-37-2















ゆるキャンの旅5-37

















ゆるキャンの旅5-38-2









ゆるキャンの旅5-38

















ゆるキャンの旅5-39-2









ゆるキャンの旅5-39

















ゆるキャンの旅5-40-2













ゆるキャンの旅5-40-2-2

















ゆるキャンの旅5-41-2







ゆるキャンの旅5-41

















ゆるキャンの旅5-41-3

















ゆるキャンの旅5-42-2














ゆるキャンの旅5-42-2-2

















そんな感じで、ウキウキしながら到着すると・・・誰も居ない\(^o^)/
よし!露天風呂、独り占めだ!・・・・・・と思ったのに、あれ?
何だか様子がおかしいぞ?と思って、無料駐車場内にある「受付」に行くと
・・・・・・「臨時休業」の張り紙・・・・・・おいまじか・・・orz
おいまじかッ!おい!まじかあああああああ!!!!!!orz
ぐあああ!折角、我ながら良く出来た旅になったと思ったのに・・・、
やっぱりダメダメかよぉ~orzorzorz
少しの間、絶望に打ちひしがれましたが、・・・まぁ閉まってたら仕方無い。
取り敢えず、観光しとうこう・・・。というわけで、失われた灯台を目指す。
・・・が!これがまた凄まじい絶壁で、
志摩リンは「自然の堤防だなこれ」とか呑気に歩いていましたが、
高い所が恐い者にとっては恐怖以外の何物でも無い!
恐過ぎる!てか、相変わらず風が強過ぎる!!!
絶壁で強風とか恐ろしいにも程がある!!!
しかも、灯台までの道程が、「これ、夏は藪漕ぎ必至だな」という状態で、
歩くと枯れ枝が足や体に引っ掛かりまくる!絶壁で!しかも強風が吹き荒れる中!
やば!これは恐い!((((;゚Д゚))))やば!恐過ぎるにも程がある!!!
余りの高所の恐怖に、頂上まで辿り着けませんでした。
諦めて引き返すのも余りにも怖ろしくて、座りながら一歩ずつ階段を下りました(笑)。
いや~、飛んでもねえ所に来ちまった・・・orz・・・せめて猛烈な強風が無ければな・・・。

ーーおわりーー


そんなわけで、露天風呂に入れず、心底残念でしたが、本日の巡礼は終了。
一気に沼津まで北上してホテルへ!
※ゆるキャン△の旅ですがキャンプはしませんwテント、持ってないのでw

今回は「沼津インターグランドホテル」に泊まりました。
http://www.tokinosumika.com/igh/
グランドホテルとあるが、普通のビジネスホテルである(笑)。
大浴場&朝食バイキング付きで¥5940!安い(`・ω・´)b
大浴場も部屋も普通の、可も不可も無いビジネスホテルでしたが、
大浴場の「湯」はなかなか良かったです。修善寺から運ばれる温泉らしい。
あと、朝食の「干物」が美味かったです(*´▽`*)
湯が実に心地良いし干物が美味くて大満足なホテルだった。
伊豆を訪れる際はまた利用しよう。何と言っても安いのでね。

で、ホテルの朝食をたらふく食べて、伊豆キャン旅行2日目である!!

先ずは、
【城山】(第43話)
ゆるキャンの旅5-43-2

















ゆるキャンの旅5-43

















原作でも、特に登る様な事も無く、そのまま通りすがりに見ただけのスポットw
当然、僕も通りすがりに軽く撮っただけ。まぁ、伊豆に来たら毎回見てるしな。

ーーおわりーー


で、城山から伊豆半島を西へ。
伊豆半島の西側の最北端にある大瀬崎へ。
【大瀬崎】(第43話)
ゆるキャンの旅5-44-2














ゆるキャンの旅5-44-2-2

















ゆるキャンの旅5-45-2


















ゆるキャンの旅5-45-2-2

















ゆるキャンの旅5-46-2


















ゆるキャンの旅5-46-2-2

















ゆるキャンの旅5-47-2


















ゆるキャンの旅5-47-2-2

















ゆるキャンの旅5-48-2













ゆるキャンの旅5-48






































ゆるキャンの旅5-49-2













ゆるキャンの旅5-49

















ゆるキャンの旅5-50-2















ゆるキャンの旅5-50-2-2

















ゆるキャンの旅5-51-2

















ゆるキャンの旅5-51

















ゆるキャンの旅5-52-2















ゆるキャンの旅5-52






































さて、こちらも志摩リンが、下田に行くまでの別行動で独り訪れた場所。
やはり協調性が無い(笑)。だが、そこが「ゆるキャン△」の魅力の一つでもある。
因みに、(伊豆編の序章を抜きにすると)伊豆編の最初の場所である。
ここも良かったなぁ~(*´▽`*)
何と言っても、人が殆ど居なくてめちゃくちゃ静か!
荒ぶるビャクシン樹林を歩くと、鳥たちの囀りがたくさん聞こえる。
すごく長閑。こういう所、好きなんだよなぁ~。
参拝料(入場料みたいなもんか?)は、原作通り¥100(笑)。
小屋の中から \参拝料100円ね/ という声が微かに聞こえてきますw
因みに、車は、最初の1時間¥310の大瀬駐車場に停めましたが、
駐車場からは少し距離があって、まぁまぁ歩く。
しかも神社に行くまでに通るダイビングスポットには、まぁまぁ人がいる。
お年寄りから若者まで、この寒いのにダイビング服の人が結構いました。
取り敢えず、駐車代¥310の範囲内で何とかギリギリ戻って来れました。
でも、ちょっとゆっくりし過ぎたかな、という感じではある。
長閑で良い所だったからなぁ~(^v^)ずっと居てたい感じ。
あと、鯉が気持ち悪かったなwwwあれだけ大量に寄って来られると気持ち悪いw

ーーおわりーー


そんな感じで、本日の聖地巡礼は続きます。
今日は昨日と違って風も穏やかだし、晴れてて良い日和だ。
てか、ゆっくりし過ぎたな。早速、時間が押して来たぞ。
ゆるキャンの旅5(後編)へ続く~

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • ホテル大宮
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
  • 松籟荘(後編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ