実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
「売店」
それでは階段を上って左へ。こちらは先ず売店である。
勿論、現在は何の商品も残っていない。棚にあるのは古の塵芥のみ。
湯原ロープウェイ036

















2階の中央には、和風の屋根の様な物が付いた大きな柱がある。
湯原ロープウェイ037

















反対側から、来た方を振り返る。
それにしても荒廃具合がなかなか凄いな。予想以上に荒れている。
湯原ロープウェイ038

















「乗車券発売所」
こちらは切符売場と改札。
「入口」と「出口」の看板が良い具合で垂れ下がっている(笑)。
湯原ロープウェイ039

















切符売場横の窓際は床が苔生している。廃墟としては非常に良い感じ。
湯原ロープウェイ040-2

















荒廃具合は申し分無し!あとは規模さえ大きければ言う事無しですが、
残念ながら小規模なので探索のし甲斐は無し!
湯原ロープウェイ041

















こちらが運賃とか発車時刻とか。破壊されずによく残っていたな。
15分毎に何も無い山の上へと出発していたらしい。電気代の無駄(笑)。
湯原ロープウェイ042

















こちらが窓口。
湯原ロープウェイ043

















こちらが乗車券。
湯原ロープウェイ044

















それでは、改札の奥へと進みます。
湯原ロープウェイ045

















改札の中にやって来ました。
切符売場の扉が開いているので入ってみます。
湯原ロープウェイ046

















こちらが切符売場内。ちょこちょこと残留物はあるが、
全体的に荒廃が激しく、全て等しく汚いので一切触らず。
湯原ロープウェイ047

















切符売場から、乗降場へと続く階段を望む。
湯原ロープウェイ048

















階段から、2階を見下ろす。
湯原ロープウェイ049

















「階段」
それでは、3階の乗降場へ。
風で飛んで行ったのか、それとも元から無かったのか、屋根は無し。
湯原ロープウェイ050

















階段の来た方を振り返る。
湯原ロープウェイ051

















「乗降場」
乗降場へ辿り着きました。やはり屋根は無し。
湯原ロープウェイ052

















ロープウェイ本体はとっくの昔に撤去されたらしい。空っぽの駅である。
湯原ロープウェイ053-2

















来た方を振り返る。突き当りを右に折れると上って来た階段である。
湯原ロープウェイ054

















乗降場の床は自然に還りつつある。
夏場に来るとラピュタ化してそうですね。ラピュタ観た事無いけどw
湯原ロープウェイ055-2

















天井は禿げ散らかって骨組みしか残っていない。
鉄骨の破片が落下して来ないか少し心配である(笑)。
湯原ロープウェイ056

















乗り場の方から、来た方を振り返る。
湯原ロープウェイ057-2

















真っ直ぐ振り返る。正面に見える扉の向こうは機械室になっている。
湯原ロープウェイ058

















朝陽が眩しい。
湯原ロープウェイ059-2

















「機械室」
それでは、機械室へ。機械室内も自然に還りつつある。
湯原ロープウェイ060

















狭い機械室を越えて更に奥へ進むと、滑車等が残された区画がある。
写真右下の扉の向こうが、先程の狭い機械室である。
湯原ロープウェイ061-2

















こちらも自然に還りつつある。
夏場に来ると虫や鳥や植物達の楽園になってそう。凄いな(笑)。
湯原ロープウェイ062-2

















機械室内には木も生えている(笑)。これは夏に来ると本当に凄そうだ。
地球にとって害虫でしかない人間が滅びると、世界はこうなるんだろうな。
人類の滅亡は僕の子供の頃からの望み。早く世界がこうなってくれる事を望む。
湯原ロープウェイ063-2

















錆びた人工物、しかも巨大機械と、そこに生える植物。
完全にラピュタである(笑)。いや、ラピュタ観た事無いですけどw
湯原ロープウェイ064

















さて、人類滅亡後のラピュタ世界の片隅では、下へと螺旋階段が伸びている。
湯原ロープウェイ065

















この螺旋階段は地下の機械室まで伸びている。例の螺旋階段である。
因みに、螺旋階段もラピュタ化している(笑)。まぁラピュタ知らんけどw
湯原ロープウェイ066-2

















そんな感じで、山麓駅の探索を終わります。
荒廃具合は実に素晴らしかったのですが、規模が小さいので直ぐに探索が終わります。
探索のし甲斐は皆無なので、探索系の廃墟マニアにとっては完全に駄廃墟でした。
もう少し迷路みたいな構造だったら良質な廃墟になり得たのですが・・・、残念です。

それでは、車に戻って、ダムの方へ移動し、
ダム湖の公園?の駐車場?に車を停めて、徒歩で山頂駅へ向かいます。
湯原温泉ロープウェイ(山頂駅)
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
  • 屋島ケーブル
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ