実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
「浴場」
通路の突き当りは浴場となっている。
入口が2つ見えるが、先ずは手前から探索致します。
因みに、風呂は男女交代制だったらしい。交代制・・・そう、二次元だったら
男女の看板を掛け違えていて知らずに入ってラッキースケベ展開ですねw
奥武田尾高原ホテル091


















こちらは脱衣所。
旅館の規模を考慮すると・・・、まぁ、広いかな。扇風機もある(`・ω・´)b
奥武田尾高原ホテル092


















横に細長い浴室。因みに、突き当りの出入口を出ると外だった。
奥武田尾高原ホテル093


















来た方を振り返る。旅館の規模を考慮すると・・・、まぁ、広い風呂ですね。
奥武田尾高原ホテル094


















それでは、戻ります。こちらは再び脱衣所。
奥武田尾高原ホテル095


















2つあった入口の、こちらは奥側の部屋。
洗濯機等が置いてあって・・・、何だ?コインランドリーか?
奥武田尾高原ホテル096


















そして、コインランドリーの奥の暗い部屋は風呂になっていた。
写真では明るく見えるが、実際には非常に薄暗い。そして狭い!
奥武田尾高原ホテル097


















風呂は、まぁ普通だったかな。それでは、通路を戻ります。
奥武田尾高原ホテル098


















「2階・通路」
風呂へと続く通路の右側は・・・、往時には庭園でもあったのだろうか。
現在はジャングルと化していて、虫や鳥獣の楽園になっている。
奥武田尾高原ホテル099


















どんどん通路を戻ります。通路左側は、(中編)で御紹介した厨房である。
奥武田尾高原ホテル100


















通路の角には和風旅館然とした装飾が施されている。
この和風窓の向こう側にも通路と階段があるが、そちらは未踏。
恐らく、建物正面の右端の、近隣から丸見えの外階段に繋がっていると思う。
奥武田尾高原ホテル101


















写真左側の引き戸から外の通路&階段部分に出る事が出来るが、
現在では引き戸がボロボロで開ける事が出来ない。「開ける=破壊」である(笑)。
少し力を入れると破壊してしまう程、脆い。・・・嫌だわ、早く磨り潰さないと。
奥武田尾高原ホテル102


















1階へと続く階段部分まで戻って来ました。やはりこの部分は素晴らしい!
奥武田尾高原ホテル103


















そして、3階へと続くこの階段の角度!ファビュラスマックス!!!
天井の一部が崩落して荒廃が見事なこの場所で、
上階へと続く階段の、階段丸ごと全部が塊で凄い角度で歪んでいる!!!
奥武田尾高原ホテル104


















これは堪らない!!!階段がこんな角度で歪んでいるだなんて!!!
こういう非日常の光景を見る為に廃墟に来ている者には、堪らない!!!
痺れるねぇ...痺れるだろう?僕は大いに痺れている((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ピクピク
奥武田尾高原ホテル105


















「階段」
一般常識的には有り得ない角度で歪む階段を上ってみた。
階段が一本丸ごと全部纏めて歪んでいるだけあって、
階段自体は結構頑丈なので、昇降には問題は無い。少し使い辛いですが。
奥武田尾高原ホテル106


















「3階・通路」
階段を上って右へUターンする形で、通路が短く伸びている。
奥武田尾高原ホテル107


















通路はそのまま真っ直ぐ室内まで繋がっている。
写真左側のカーテンの向こうは部屋である。
奥武田尾高原ホテル108


















窓から外を見下ろす。窓の外には長閑な田舎の風景が広がっている。
下に見える青い瓦屋根は、(前編)で御紹介した「会議室」部分・・・かな?
構造が複雑なのでよく分かりませんが(^_^;)
奥武田尾高原ホテル109


















突き当りから、来た方を振り返る。
それでは、写真右側のカーテンの向こうの部屋へ。
奥武田尾高原ホテル110


















「部屋(1)」
写真右側のカーテンの向こうが、先程まで居た場所。
奥武田尾高原ホテル111


















和風旅館っぽい気もするが、事務所にある様な引き出しもあって・・・、
何だか普通の個人宅の様な雰囲気もある。よく分からん部屋である。
奥武田尾高原ホテル112


















ここは恐らく客室では無いと思うが、何れにしてもやはり広縁は良いですね。
広縁はファビュラス!!!広縁は日本人の心である(`・ω・´)b
奥武田尾高原ホテル113


















左隣にも部屋があるので、次はそちらへ。
奥武田尾高原ホテル114


















「部屋(2)」
写真中央部分の明るい部分の向こうは、先程の通路に繋がっている。
通路へ出て右へ折れ、突き当りを左へUターンすると歪み階段がある構造。
奥武田尾高原ホテル115


















通路の方から振り返る。勿論、右側の部屋が先程の「部屋(1)」である。
奥武田尾高原ホテル116


















更に左側へと建物は続いているので、次はそちらへ。
奥武田尾高原ホテル117


















「玄関」
こちらは玄関になっていた。・・・ん?旅館じゃないのか?
3階は住居区域で、1階と2階が旅館という事か?よく分からん。
奥武田尾高原ホテル118


















「部屋(3)」
玄関の奥にも部屋があり、こちらはベッドがある洋室になっていた。
窓が3面にあって、ファビュラスマックスな部屋である。
奥武田尾高原ホテル119


















と言うか、ベッド、両サイドに枠があって出入りし難そう(笑)。
奥武田尾高原ホテル120


















部屋の奥から、来た方を振り返る。
右の扉の向こうは、・・・たしか便所だった気がする。忘れたけど。
奥武田尾高原ホテル121


















「玄関」
玄関から外へ出てみた。・・・うむ、確かに普通の家の玄関だ。
そして、こちらの玄関も全開である(笑)。フリーパス物件ですね。
奥武田尾高原ホテル122


















この写真の左方向にも小さな建物が建っているので、次はそちらへ。
奥武田尾高原ホテル123-2


















「離れ」
こちらは離れだろうか。2部屋とキッチンのみの小さな建物である。
奥武田尾高原ホテル124-2


















1つ目の部屋の奥から玄関の方を振り返る。写真右側に隣の部屋がある。
因みに、部屋に飾られているポスターは魔女の宅急便である。
キキがパン屋さんで独り寂しく店番をしているシーンのこのポスターが、
誰も訪れる事が無い廃墟の部屋と異様にマッチしていて、何か・・・
何かじわりと心に触れるものがあった(´;ω;`)
このポスターのキキは誰も来ない廃墟でずっと永遠にお客を待ち続けている。
取り敢えず、帰って、早速、魔女の宅急便を観ましたよ、KissAnimeでwww
奥武田尾高原ホテル125


















こちらが、キキが待つ部屋の隣。屋根が抜けて光が射している。
この廃墟は屋根が抜けて光が射すの、流行ってるのか?
奥武田尾高原ホテル126


















「外観」
外へ出て来ました。写真中央左寄りの建物は本館。洋室の部分ですね。
そして、写真右側の妙ちくりんな屋根がある通路を進むと、
下へと階段が伸びており、その先は(前編)と(中編)に出て来た裏口である。
奥武田尾高原ホテル127-2


















裏口へと続く通路の右側に見えている部分は、本館の3階部分に当たり、
扉の入口には(NO 9 有馬富士)のプレートがあった。
と言う事は、こちらも客室なんだと思うが、板張りされて扉が開かなかった。
この扉以外にこの部屋に通じている場所は無いと思うので、恐らく、
独立した部屋だったのだろう。本館の上に乗っかっているのに完全独立構造!
・・・痺れるねぇ...痺れるだろう?僕は大いに痺れている((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ピクピク
正面入口側から見て左上に見える部分だと思うが、窓が開いているので
内部には期待出来るのに・・・、入れないのが非常に残念である!
奥武田尾高原ホテル128-2


















建物裏側の入口には門の様な柱もある。何だか最後までよく分からん施設だ。
因みに、写真右端の青い瓦屋根は広間部分の屋根である。
奥武田尾高原ホテル129-2


















建物全体を見るとこんな感じ。
これで全体の構造を把握して頂けると幸いです。
奥武田尾高原ホテル130


















他にも2、3棟、離れの様な建物が周囲に点在していましたが、
藪に飲み込まれているし、特に魅力も無さそうだったので未踏です。
どうしても見たい人は自分で自己責任で探索してみて下さい。
これにて、奥武田尾高原ホテルの探索を終わります。
奥武田尾高原ホテルへ戻る。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ