実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
「1階・通路」
それでは、通路を奥へと進みます。
この廃墟は、一本の通路があってその通路の片側に客室が並ぶだけの、
構造としては全く面白くも何とも無い、上から下まで単純明快構造であり、
迷宮萌えの廃墟マニアにとっては完全に駄廃墟の類であろう。
シーサイドホテル051


















構造としては完全に駄廃墟の類ではあるが、折角こんなに遠い所まで来たし、
全ての客室を探索し、撮影し、掲載してゆきます。御了承下さいm(_ _)m
では、通路の左側に客室が並んでいるので、手前から順に探索してゆきます。
シーサイドホテル052


















「客室(1)」
さて、案内看板には、1階は「客室115~103」と表記してありましたが、
数えてみても実際には8部屋しか無く、”4”や”9”を差し引いても2部屋足りない。
写真の編集をミスって部屋数を間違えたのか、
それとも”4”や”9”以外にも使われていない数字があるのか・・・、
よく分からんので、勝手に番号を付けて掲載してゆきます。
シーサイドホテル053


















シーサイドホテル054


















シーサイドホテル055


















「客室(2)」
・・・うむ、こちらの客室も隣の客室と殆ど同じ。左右反転しただけw
1階の客室は全て、特に見所があるわけでなく、同じ様な部屋が続きます。
シーサイドホテル056


















シーサイドホテル057


















「客室(3)」
こうも普通の廃墟客室が続くと、探索していてもぜんぜん面白くありません。
くそ・・・、こんな遠くまで来て駄廃墟かよ・・・orz・・・でも全部の部屋を撮る!
シーサイドホテル058


















シーサイドホテル059


















シーサイドホテル060


















「客室(4)」
これだけ退屈な廃墟客室が続くと、撮影がただの単純作業と化します(笑)。
何も考えず、何も感じず、無心で作業を進めます。
シーサイドホテル061


















シーサイドホテル062


















「客室(5)」
何じゃこれ!しょーもね!wwwと独りで何度も呟きながら作業を進めます。
そんな感じで、廃墟探索をしていると独り言が増えますよね(笑)。
シーサイドホテル063


















作業の途中、ふと足元を見ると・・・、広縁の床の模様がちょっと可愛かった。
でも、広縁の床にこんな模様は求めていない・・・残念だorz
因みに、1階は窓が全て撤去されており、半分屋外と化している。
シーサイドホテル064


















シーサイドホテル065


















「客室(6)」
さて、同じ様な廃墟客室がまだ続きます。退屈ですが、御了承下さいm(_ _)m
シーサイドホテル066


















シーサイドホテル067


















「客室(7)」
・・・・・・・・・・・・。最早、もう何も言う事は無い(-。-)y-゜゜゜
シーサイドホテル068


















シーサイドホテル069


















「1階・通路」
無心で同じ様な写真を撮っていると、漸く通路の最奥まで辿り着きました。
残るは、通路最奥の1部屋のみ\(^o^)/やっと終わる!
シーサイドホテル070


















「客室(8)」
こちらが通路最奥の客室。
・・・うむ、1階は端から端まで全て同じ部屋だったなwしょーもねッΣ(゚д゚)!!!
シーサイドホテル071


















シーサイドホテル072


















シーサイドホテル073


















「外観」
先述した様に1階客室の窓は全て撤去されているので、広縁から建物の裏側へ。
因みに、写真には写っていませんが、この辺りには普通に馬が歩いていたりする。
客室から馬が、しかも直ぐ目の前で馬が見れるだなんて・・・いいな(*´∀`*)!
シーサイドホテル074


















1階の客室棟の探索は退屈の極みでしたが、
外観は植物に覆われており・・・、うむ、なかなか悪くない。
シーサイドホテル075


















何だか・・・、右側の森から、または建物の向こうから、巨人が現れそうな感じ。
いや、現れるのは、怪物かも知れないし、僕の畏敬する天使様かも知れない。
終わりのない永遠の夕暮れ時。昼と夜の間で時間が止まればいいのに・・・。
シーサイドホテル076


















シーサイドホテル077-2


















さて、2階建ての客室棟の外部には非常階段が辛うじて張り付いているが・・・、
これは・・・、凄まじい朽ち具合である(笑)。
シーサイドホテル078-2


















これは強烈!非情な非常階段である!やはり海辺の廃墟は朽ち方が凄いな!
シーサイドホテル079-2


















「1階・通路」
通路に戻って来ました。通路最奥から、来た方を振り返る。
と言うか、通路の床が緑って・・・、変なの。まだ赤の方が良かったんじゃ・・・。
いや、普通に白のタイルで良かったんじゃ・・・(^_^;)
シーサイドホテル080


















そんなわけで、変な緑の床の通路を戻ります。
シーサイドホテル081


















変な緑の床の通路をどんどん戻ります。
因みに、通路右側の階段は屋上まで続いている・・と思う。
実際にこの階段を使ったわけでは無いので分かりませんが。
シーサイドホテル082


















通路左側を見ると、ぐちゃぐちゃの汚い物置の様な場所がある。
シーサイドホテル083


















広間の前まで戻って来ました。
シーサイドホテル084


















通路右側は広間であるが、通路左側には・・・何じゃこれ?機械室か?
シーサイドホテル085


















通路をどんどん戻ります・・・が、あれ?後述する案内看板では
1階に「浴場」の表記があったけど・・・、あれ?浴場なんてあったっけ?
分からぬ・・・見落としたのかも知れない・・・。すみません、浴場は未発見です。
家に帰って写真を編集している時に浴場の存在に気付きました・・・、不覚ッ!
シーサイドホテル086


















くそー、しまったぁ・・・ッ!!! 浴場を見逃すだなんて・・・orz
てか、浴場、あったか?何処に?・・・順番に見ていった筈なのに・・・。
もしかして、ぐちゃぐちゃの物置とか機械室みたいな方か?分からん!
くそっ・・・屈辱的ではあるが、遠過ぎて簡単に再訪出来ないので、
取り敢えず、写真右側の薄暗い部分に階段があるので上階へ進もう。
因みに、通路の突き当たりは(1階・前編)で御紹介した厨房であり、
突き当たり手前を右に折れると空っぽのダイニング・喫茶がある。
シーサイドホテル087


















「階段」
それでは、階段を上ります。因みに、階段の右側の扉は階段下の物置で、
階段を半階上った踊り場部分の扉は便所である。
シーサイドホテル088


















踊り場から上階を見上げる。
シーサイドホテル089


















都井岬シーサイドホテル(2階・前編)

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ