実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
「大広間」
それでは、足元が非常に不安な舞台上から広間を見渡します。
いや~、これは・・・、見事な大爆発っぷりである(笑)!強烈過ぎる!
磯観光ホテル131


















床が全て抜けているのは当たり前と言わんばかりに、
天井の素材は全て落ちて床に盛大に降り積もり、
床と天井の素材諸共、木っ端微塵に朽ち果て尽くしている!これは凄い!
磯観光ホテル132


















最早、大広間内に立ち入る事は不可能に近い!
木っ端微塵のぐちゃぐちゃ過ぎて分り難いと思いますが、
床は完全に朽ち果ててコンクリ基礎が残るのみ。
そのコンクリ基礎の上に天井の廃材が降り積もっている状態なので、
四角く区切られたコンクリ基礎部分以外には深く大きな穴が空いている。
磯観光ホテル133


















写真右側の壁(通路側の壁)には、まるで妊婦の様な染みが出来ている。
セリーヌに次ぐ新たな妊婦絵廃墟である(笑)。いや、明瀬山にも見えるな(笑)。
磯観光ホテル134


















通路に戻って来ました。写真右端の染みが妊婦絵、否、明瀬山である(笑)。
磯観光ホテル135


















それでは、少しずつ通路を戻ります。いや、しかし、凄い大広間だな。
磯観光ホテル136


















通路から大広間を望む。
磯観光ホテル137


















再び通路から大広間を望む。
磯観光ホテル138


















こちらは大広間の一番端。
ここまで木っ端微塵に朽ち果てた広間は初めて見た気がします(笑)。
磯観光ホテル139


















いや~、遥々16時間も掛けて都井岬まで来た甲斐がありましたよ(笑)。
長旅の疲れも完全に吹き飛びました((((;゚Д゚))))
磯観光ホテル140


















「2階・通路」
それでは、木っ端微塵の大広間を去って、通路を戻ります。
磯観光ホテル141


















左側の部屋は、(2階・前編)で御紹介した、ブラックホールがある「広間」。
磯観光ホテル142


















「中央階段」
中央階段まで戻って来ました。
階段の奥にも通路が続いているので、そちらへ進みます。
磯観光ホテル143


















「2階・ホール?」
1階のロビー/エントランス部分の吹き抜けの2階部分に辿り着きました。
この辺りの床は、鉄筋が通っていないと思われる薄っぺらいコンクリ一枚、
しかも、結構、ひび割れているのでw、慎重に進まなければならない。
もし足元が崩れたら、瓦礫と共に1階のロビー/エントランスに転落する事になる。
こんな所、お馬さんしか来ないのでw、転落すれば、「死」あるのみ。
磯観光ホテル144


















これまた天井が・・・(笑)。なんかミヨ~ンってなってる!ヽ(・∀・)ノ
この木材が頭に降って来たら・・・、怪我するか、最悪、気絶して1階へ転落(笑)。
そして、こんな所、お馬さんしか来ないのでw、そのまま「死」あるのみ!
磯観光ホテル145


















てか、恐ッ!これ、床、崩れないだろうな、本当に、頼むよ!
こんな所で独りで死にたくな・・・、あ、いや・・・、いっか、死んでもw
こんな素敵な廃墟で死ねるなら本望である。他者に迷惑は掛かるけど。
磯観光ホテル146


















いや~、しかし、本当に、素晴らしい廃景だな、これは!
床や天井の荒廃具合と言い、壁の苔生し具合と言い、植物の侵蝕具合と言い、
更に建物のデザインも、何もかもが見事過ぎる!これでこそ廃墟だ!
磯観光ホテル147


















この辺りは床が危険なので余り歩き回りたくは無いのですが・・・、
「”危険だから進みたくない” と ”でももっと見たい” が、脳内で葛藤する」
この状態、廃墟探索者であればお分かり頂けるだろう。
磯観光ホテル148


















結局、こんな所まで歩き回ってしまいました(^_^;)
でも、流石に、写真右側の対岸までは行けなかった。
例え行った所で、余り良い廃景が見れそうに無いし・・・。
磯観光ホテル149


















磯観光ホテル150


















窓から外を望む。
下に見えるのは、(1階・後編)で御紹介した「食堂」の屋根。
磯観光ホテル151


















窓から上を見上げると、無機質な客室部分。
やはり愛知県の「三州園ホテル」によく似ている。
磯観光ホテル152


















それでは、中央階段の方へ戻ります。
磯観光ホテル153


















壁の染みが凄ッ!植物も大きく育ってる!
磯観光ホテル154


















「中央階段」
それでは、3階へ!
磯観光ホテル155


















階段を上った先では、鉄製の非常扉が変な角度で固まって邪魔をしている。
磯観光ホテル156


















階下を見下ろす。写真右端は、鉄製の非常扉。錆が凄い。
磯観光ホテル157


















「3階・通路」
それでは、階段を上って通路を右へ!2階で広間/大広間があった方向へ進むと、
通路右側に客室が並んでるので、手前から順に探索してゆきます。
磯観光ホテル158


















「客室(6)」
2階の客室と同じく、特に書く事も無い”普通”の廃墟客室である。
磯観光ホテル159


















磯観光ホテル160


















磯観光ホテル161


















磯観光ホテル162


















「3階・通路」
通路を進みます。
磯観光ホテル163


















「客室(7)」
こちらの客室も特に書く事は無し。
磯観光ホテル164


















磯観光ホテル165


















磯観光ホテル166


















「客室(8)」
同じ様な部屋が並びます。
磯観光ホテル167


















同じ様な部屋が並んで余り面白くはありませんが、
こちらの部屋は、梁?、と言うか天井の壁?が歪んでいる。
磯観光ホテル168


















この写真で見ると、どれだけ歪んでいるかが分かるだろう。
と言うか、この部分が歪む事ってあるのか!?余り見ない気がしますが・・・。
磯観光ホテル169


















梁も歪んでいりゃあ、床も凄い事になっている。凄まじき荒廃感。
磯観光ホテル170


















都井岬磯観光ホテル(3階)

Comments

    • Sakana's comment
    • 2019年07月14日 03:38
    • このホテル、朽ち具合が何だか凄く癒され
      ました!!
      そしてあの壁の染みですが、言われるともうそれにしか見えない事実。(笑)
      ガクブル…♪

      ちなみに2階部分、天井のミョ~ンといい、丸い3つの窓?といい、確かに素晴らしい廃景すぎて、この写真そのまま9月ぐらいのカレンダーにしたいくらいでありますっ!!(笑)
      同時にかつて営業していた頃の様子がかなり気になったりもしました。

      しかし落下する事なく無事帰還され、良かった
      です!!
      今回もまたいろいろとお勉強させていただきましたっ。
    • C.C.'s comment
    • 2019年07月14日 18:42
    • コメント有難うございます!

      いえいえ、勉強になる様な要素は当ブログには全くありませんがw、楽しんで頂けたならば幸いで御座いますm(_ _)m

      やはり海辺の廃墟は朽ち方が凄いですよね~。
      恐らく、鉄筋コンクリート内の鉄筋も潮風で錆びて脆くなっている事でしょう。
      内面からも外面からも廃墟化が大いに進行していそうです。
      そして、丸窓も良いですよね~。やはり丸窓のある廃ホテルは素敵です!
      こんなヘッポコ写真で良ければカレンダーにしてもらってもぜんぜん構いませんが(笑)、個人的には、もっと良いカレンダー素材があるんじゃないかと(^_^;)
      いやいや、有難い事ですので、どんどんカレンダーにでも何でもして下さい!しかも何故9月!?

      営業当時の風景は見た事が無いので、僕も気になりますし、是非とも見てみたいですね。
    • むさぎた's comment
    • 2019年07月15日 00:06
    • 大広間、酷い朽ちようですね。海が近いってのもありそうですが、造りが少々粗末な感じがしますね。
      でも、廃マニアから見れば楽しい風景に他ならないので、良いですけど(笑)
    • C.C.'s comment
    • 2019年07月15日 12:03
    • コメント有難うございます!
      造りは分かりませんが、せめて窓が残っていれば・・・(笑)。
      窓が一切合切残っていないので、潮風吹き曝しで(^_^;)
      なかなか楽しませて頂いた廃墟でした。
      宝くじが当たったらここを買い取って一部改装して住みたいです!
      ここで一生働かずにお馬さんと戯れていたいです(笑)!働きたくないヽ(`Д´)ノ

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
  • 古市医院(本館・前編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ