実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
「通路」
それでは、通路を進み、通路左側の客室を手前から順に探索してゆきます。
モテル北陸087


















「客室(7)」
各客室は相変わらず荒れ果てている。何と言っても、どの客室にも窓が無いので、
雪や風雨が好き勝手に吹き込んで、為すがままに荒れ果ててゆくのである(笑)。
モテル北陸088


















窓辺には、誰かが撮影の為にわざとらしく置いたと思われるポット。
蔦という名の触手に絡み付かれて、ピーン!と元気になっている様にも見える。
因みに、僕には触手の属性は無いので悪しからず(-。-)y-゜゜゜
モテル北陸089


















ベッドの枕元にもポット。どんだけポット好きやねん!
モテル北陸090


















「通路」
それでは、どんどん通路を進みます、、、が、
通路の途中では巨大な機器が通行の邪魔をしている。何だこれ?冷蔵庫か?
モテル北陸091


















「客室(8)」
こちらの部屋では、ベッドの枕元に黒電話。
モテル北陸092


















しかし、黒電話は経年劣化と塵芥に塗れて灰色になっている。
モテル北陸093


















各々の客室には駐車場へ直通する階段が設けられているが、
この階段は、現在では強度的に余り信用出来ないので未使用。
モテル北陸094


















「客室(9)」
この部屋にも灰色になった黒電話がある。
因みに、正直な話、この先も同じ様な部屋が続くので、しょーもないですよ(^_^;)
モテル北陸095


















モテル北陸096


















「客室(10)」
この部屋では、腐ったマットレスがベッドから飛び出している。どんな寝相だよw
モテル北陸097


















モテル北陸098


















モテル北陸099


















「通路」
特に見所も無いので、どんどん通路を進みます。
モテル北陸100


















「客室(11)」
特に見所も無いので、テキトーに客室の写真を順に羅列してゆきます。
モテル北陸101


















モテル北陸102


















「通路」
通路を進みます。
モテル北陸103


















「客室(12)」
こちらの客室はかなり荒廃している。
黒電話の将軍様が滑り台で遊んでいる様にも見える。
モテル北陸104


















モテル北陸105


















モテル北陸106


















モテル北陸107


















「客室(13)」
こちらの部屋でも黒電話が滑り台を楽しんでいる。
しかし、なかなかの傾斜だな(笑)。そろそろ落っこちそうだ(笑)。
モテル北陸108


















モテル北陸109


















モテル北陸110


















「客室(14)」
こちらの部屋は・・・、全く面白くも何とも無い。
こんな事なら、もっと写真を少なく厳選して、記事を短くすれば良かった・・・。
モテル北陸111


















モテル北陸112


















モテル北陸113


















「通路」
漸く、通路の突き当たりまで辿り着きました。
それでは、通路突き当たりの角部屋へ。
モテル北陸114


















「客室(15)」
こちらの客室も、年季が相当入っており、荒廃度が凄まじい!
モテル北陸115


















荒廃度は凄まじいが、・・・何故か今一つ萌えない(´・ω・`)
モテル北陸116


















廃墟としての旬を少し過ぎてしまったのか、それとも元が悪いのか・・・。
モテル北陸117


















モテル北陸118


















モテル北陸119


















モテル北陸120


















モテル北陸121


















そんな感じで、建物の両端の客室は、
ちょっとした特別室的な角部屋の大部屋となっていました。
それでは、通路を戻ります。

冗長ですが記事はまだ続く!モテル北陸(2階・後編)

Comments

    • むさぎた's comment
    • 2019年03月02日 07:17
    • お疲れ様です。

      窓辺にポット、誰かが撮影のために置いたものなんでしょうが、廃墟には写真の為に弄られた部屋ってのを良く見ますね。自分的には元の位置に戻して貰いたいと思うのですが・・・。
      でも、その残留物もたまにいい被写体になったりするので、少し敗北感有ります(笑)

      滑り台を将軍様(黒電話)が遊んでいる、は笑いました。
    • C.C.'s comment
    • 2019年03月03日 08:11
    • お疲れ様です。コメントありがとうございます。

      確かに、明らかに撮影の為に弄られた場所は廃墟でよく見ますねw
      まぁ、個人的には全体像ばかりで余り物は撮らないので、特に迷惑を被る事も、得した気分になる事も無いのですが・・・、余りにもわざとらしいと、ちょっとこれは・・・(^_^;)となります。

      恐らく、この黒電話も今頃は、手土産無しで電車に乗って国へ帰っている事でしょう(笑)。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • 河鹿荘
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
  • ホテル大藪(1階)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ