実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
それでは、(3階・前編)からの続きです。

「客室(307)」
こちらの部屋は畳が片付けられて、その下の発泡スチロール?の様な素材が
剥き出しになっている。何だこれ、断熱材かな?床の構造はよく分からん。
甚五郎318


















甚五郎319


















「3階通路・その2」
(307)号室前からの景色。通路は突き当たりで左右に分かれているが、
写真右端の暗い部分にも通路は短く分岐しており、その先には客室が2部屋ある。
この辺りも2階と全く同じ構造なので、細かい説明は割愛。
甚五郎320


















「客室(308)」
短く分岐した通路にある2部屋の内の1部屋。普通の廃墟客室ですね。
甚五郎321


















甚五郎322


















「客室(309)」
こちらも短く分岐した通路にある2部屋の内の1部屋。
特に面白い要素の無い普通の廃墟客室である。
甚五郎323


















甚五郎324


















「3階通路・その2」
(307)号室前からの景色。写真左端は「中央階段」で、
写真右端の暗い部分が先程の短い通路&2部屋。
それでは、通路突き当たりを右に折れて探索を続けます。
甚五郎325


















甚五郎326


















「客室(310)」
・・・最早、もう何も言う事は無い普通の廃墟客室。
甚五郎327


















甚五郎328


















「3階通路・その2」
通路をどんどん進みつつ、客室を順に探索して行きます。
因みに、通路突き当たりは、外部の非常階段へと続く非常口。
甚五郎329


















「客室(311)」
こちらの部屋には、何者かが寝泊まりしていたと思われる痕跡が・・・。
甚五郎330


















甚五郎331


















「客室(312)」
こちらは通路最奥の部屋で、部屋の入口は少し奥まっている。
甚五郎332


















そして、こちらの部屋にも生活の痕跡が・・・。
因みに、入口が少し奥まっている分、部屋が狭い。
わざわざこんな狭い部屋を使わなくても、もっと綺麗で広い部屋があるのに・・・。
甚五郎333


















まぁ、しかし、人間、起きて半畳寝て一畳と言うし、
このくらいの狭さが一番良いのかも知れないな。僕も狭いのは好きです。
ベッドの隅っこで壁に挟まれて小さくなって寝るのが落ち着くのです。
甚五郎334


















「3階通路・その2」
部屋の主は何処へ行ったのかは分かりませんが、来た道を戻ります。
甚五郎335


















通路の窓から外を望むと、「コ」の字型で構成された建物の、
「│」棒と「_」棒部分に当たる棟が見える。
因みに、「_」棟は寮棟であり、内部では一切繋がっていない独立した棟である。
甚五郎336


















それでは、どんどん通路を戻ります。
通路突き当たりの階段は、(3階・前編)で御紹介した屋上への階段。
甚五郎337


















屋上への階段の手前右側に、「│」棟へと繋がる扉があるので、
その扉から「│」棟へと進みます。
甚五郎338


















「エレベーターホール」
基本的に2階と同じ構造であり・・・、
甚五郎339


















・・・エレベーターをぐるっと一周囲む様にして階段が設けられている。
甚五郎340


















「エレベーター階段」
階段を下りてみます。
甚五郎341


















エレベーターをぐるっと一周回る様に階段を下りると、
当然、2階のエレベーターホールに出ます。
甚五郎342


















それでは、3階へ戻ります。
甚五郎343


















「エレベーターホール」
3階のエレベーターホールに戻って来ました。
写真左端の方から順に客室が並んでいるので、「│」棟の客室の探索を始めます。
甚五郎344


















「客室(321)」
2階では、この部分は特別室仕様の大きな部屋でしたが、
3階では洋室のみの普通の部屋である。まぁ、他の和室よりは良い部屋ですね。
甚五郎345


















甚五郎346


















「エレベーターホール/3階通路・その3」
再びエレベーターホールへ戻って来ました。
写真右側の暗い部分がエレベーターホールであり、
エレベーターホールを越えて「|」棟の通路が奥の方まで伸びている。
この「|」棟の通路を「通路・その3」とします。
それでは、通路の左側に客室が並んでいるので、順に探索してゆきます。
甚五郎347


















「客室(322)」
普通の和室廃墟客室ですね。
甚五郎348


















甚五郎349


















「3階通路・その3」
通路をどんどん進みます。
甚五郎350


















「客室(323)」
こちらも普通の廃墟客室で、最早、特に何も書く事は無い。
甚五郎351


















甚五郎352


















「客室(324)」
こちらも普通の(以下略。
甚五郎353


















甚五郎354


















「3階通路・その3」
どんどん通路を進みます。しかし、なかなか荒れているな。
以前はこんなに荒れていなかったと思うが・・・、
やはり解体が少しずつ進められているのだろうか。
甚五郎355


















「客室(325)」
こちらも(以下略。
甚五郎356


















甚五郎357


















特に面白くも何とも無い部屋が続きますが、もう暫く退屈な部屋は続きます。
冗長ですが、ご了承下さいm(_ _)m
ホテル 甚五郎(3階・後編)

Comments

    • むさぎた's comment
    • 2018年11月12日 10:39
    • ここの廃墟は、まだ綺麗ですね。もう少し自然の風化や侵食が見られるようになると、見ごたえあると思いますが。でもかえって時間が経ちすぎると、物理的に危険になるので、難しいですよね。
      余談になりますが、湯の山の翠峯閣の解体を先日確認しました。また、知ってる廃墟が1つ減って悲しいです。
    • C.C.'s comment
    • 2018年11月12日 12:30
    • 毎度コメント有難うございます!
      そうですねー、ここは巨大な割りに、1階以外はぜんぜん魅力がありません。
      僕は、物理的な危険を伴ってでも、もっと経年劣化と崩壊が進んでいる方が好きなので。
      やはり、コンクリ廃墟よりも断然木造廃墟が良いですね。

      と言うか、翠峯閣・・・まじですか・・・えええええええええええええええええΣ(|||▽||| )
      非常に残念ではありますが、跡地がより良く活用されれば良いですね。
      湯の山は最近、真面目に観光に取り組み始めたみたいなので、この先もどんどん解体が進みそうです。
      長らく湯の山には行ってなかったので、大相撲九州場所が終わったら、また行ってみたいと思います。
      なかなか衝撃的な情報、有難うございました!

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
  • 那須ホテル(2階)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ