実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
「エレベーターホール/2階・通路」
エレベーター/階段前からの景色。通路が左右に伸びているので、
先ずは、左(1階で調理室等があった方向)へ進みます。
阿蘇観光ホテル127


















写真左の暗い部分がエレベーターホール。それでは通路を奥へ進みます。
阿蘇観光ホテル128


















「2階・通路」
通路の突き当たりから屋外へ出る事が出来るので、出てみます。
因みに、通路右側に客室が並んでいる構造。
阿蘇観光ホテル129


















「屋上」
屋上に出て来ました\(^o^)/建物の方を振り返ります。
青い空、白い雲、緑の木々、赤い屋根、なかなか広くて良い屋上です。
阿蘇観光ホテル130


















因みに、この屋上部分の下階は「調理室」や「大食堂」である。
そして、建物前に植木が見えるが、その向こうには客室の窓があり、
屋上から室内が見えない様に植木をカーテン代わりにしている仕様。
阿蘇観光ホテル131


















これは調理室内の天窓部分であり、この打ち割られた四角い部分から光が入り、
廃墟調理室を明るく白く美しく彩っていたのである。そんなわけで、
この穴の上に立つと、マリオの土管みたいにビヨビヨビヨという効果音と共に、
下階(調理室)へ簡単に下りる事が出来る。まぁ、怪我すると思うが。
阿蘇観光ホテル132


















それでは、建物右端の黒い長方形の部分から「2階・通路」へ戻ります。
阿蘇観光ホテル133


















「2階・通路」
通路左側に客室が並んでいるので、屋上側から順に探索してゆきます。
阿蘇観光ホテル134


















「客室(208・特別室)」
一番端の部屋は特別室と成っていた。
因みに、左の窓の外に見える植物は、カーテン代わりの屋上の植木。
阿蘇観光ホテル135


















窓の外には大きく広がる雄大な阿蘇の景色。これは良い部屋だ!
因みに、2階の全ての客室からこの絶景が見える構造に成っている。
阿蘇観光ホテル136


















こちらは特別室であり、特別に2部屋仕様。
部屋を仕切る木製の引き戸も凝っており、豪華な雰囲気を醸し出している。
阿蘇観光ホテル137


















隣の部屋。まぁ、荒廃感溢れる普通の廃墟客室然とした部屋ではあるが、
何となく気品を漂わせている様な気がしないでもない。
阿蘇観光ホテル138


















一度、窓から外へ出てみます。
窓の外、部屋の前は、ベランダの様な比較的広い空間があるが、
恐らく、往時はこの空間には客は立ち入る事が出来なかったのではないかと思う。
阿蘇観光ホテル139


















再び部屋内に戻ります。
特別室らしく、なかなか素敵な廃墟部屋なので、多めに写真を掲載致します。
やはり、この特殊仕様の木製の引き戸が素晴らしいですね。
阿蘇観光ホテル140


















窓の外に緑があって、こちら側の部屋も良い感じである。流石、特別室。
阿蘇観光ホテル141


















そして、ふと上を見上げると・・・!
なんと!荒廃した天井には、まるでバフンウニの様な豪奢なシャンデリアが!
これは凄い!!! なんて素晴らしい部屋なんだ!!! バフンウニシャンデリア、万歳!!!
阿蘇観光ホテル142








































現在では荒廃して煌びやかな雰囲気は完全に消え失せてしまっているが、
往時には、一体どれだけ絢爛な雰囲気を醸し出していたのだろうか。
その辺の見せ掛けだけの安物のホテルが廃墟になっても"それなり"ではあるが、
やはり一流のホテルは廃墟になっても一流なのである!!!
阿蘇観光ホテル143








































いや~、良い廃墟客室だった(o´Д`)=з
遠路遥々、熊本まで来た甲斐がありました。
遠くても是非また訪れたいと思わせてくれる素晴らしい部屋でした。
阿蘇観光ホテル144








































「エレベーターホール/2階・通路」
それでは、素晴らし過ぎた特別室を後にして、通路を先へと進みます。
因みに、写真右側が階段/エレベーターホールである。
阿蘇観光ホテル145


















「客室(207)」
何やら部屋の入口がぐちゃぐちゃで入り難いですが、無理矢理入ります。
阿蘇観光ホテル146


















なかなか良い荒廃具合ではあるが、隣の特別室と違って普通の廃墟部屋ですね。
阿蘇観光ホテル147


















と言うか、1階の客室と同じ構造。違いと言えば泥が流入していない事だけか。
阿蘇観光ホテル148


















「2階・通路」
どんどん通路を進みます。因みに、通路の最奥は明るくなっていますが、
あちら側にも屋上があり、通路の両端に屋上がある構造と成っている。
阿蘇観光ホテル149


















「客室(206)」
こちらの客室も、他と変わらぬ普通のアソカン客室クオリティ。
最早、何も言う事はあるまい。取り敢えず、写真を並べてゆきます。
阿蘇観光ホテル150


















阿蘇観光ホテル151


















阿蘇観光ホテル152


















「客室(205)」
こちらの客室も・・・(以下略。
阿蘇観光ホテル153


















阿蘇観光ホテル154


















阿蘇観光ホテル155


















1階と同じく、似た様な部屋が続きますが、折角、熊本までやって来たので、
無駄に多く、全ての部屋を順に掲載致しますm(_ _)m御了承下さい。
阿蘇観光ホテル(2階・後編)へ

Comments

    • 阿波の廃墟マニア's comment
    • 2018年07月01日 20:06
    • こんばんは。208号室のシャンデリアの呼び方に笑ってしまいました。以前、天草のホテルの件は解体された物件です。でも、航空写真で見たらソーラーパネルの敷地に何やら残骸が…。調べて見ると1階部分くらいは残ってるようです。しかし、ただのコンクリートの塊で更に魅力がなくなってしまいました。

      九州だけでなくて全国的に良い廃墟が少なくなって残念です。このホテルは周りに影響がないし多額の解体費用を出して解体する人はいないと思うので当分存在すると思うけど。
    • C.C.'s comment
    • 2018年07月03日 09:00
    • 毎度コメントありがとうございます。
      あのシャンデリアはどう見てもバフンウニですね(笑)!
      しかし、本当に、良い廃墟がどんどん少なくなっていきますね。
      まぁ、解体されるのが一般的な廃墟の運命ですし、仕方が無いと言えば仕方が無いのですが・・・。

      因みに、アソカンは周囲に何も無く、誰の迷惑にもなっていなさそうですが、
      周辺で大規模っぽい工事が行われていたので、少し気掛かりに思っています。
      近所の工事は何の工事なのか知りませんが、もし、環境を整備する為の工事だったら、
      ついでにアソカンも綺麗さっぱりしてしまうのではないか、と・・・。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
  • 高田牧場(前編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ