実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
ーー前置き(その1)ーー

さて、こちらは第一回伊豆廃墟旅行の一日目の一件目である。
伊豆を訪れるのは今回が初めてという事もあり、到着時間が三時間程遅れ、
しかも、今回の廃墟旅行のメインに予定していた一件目は、
生い茂る草木と板張りに阻まれて何処から入れば良いのか分からず、
その上、廃墟前は海水浴客の駐車場になっていて人が多く、
余り怪しい行動も取れなかった為、諦める事態に。
伊豆に着いて早速出鼻を挫かれたが、気を取り直して、取り敢えず、
本日泊まるホテルの空室を確認しようと廃墟の前のホテルを尋ねると、
まさかの満室!ボロそうなホテルだったので誰も泊まらないだろうと思っていたのに!
いや、この場所に来た時に駐車場の繁忙ぶりを見て「やばいな」とは思ったが、
まさかの満室だとぉ!・・・完全に夏の下田を舐めていた!
この辺りは、海水浴シーズンは混むんですね。知らなかったorz
周辺の道も混んでいるし、夏の下田には行かない事をお勧めします。
で、まぁ、宿は「何とかなるだろ。」と、深く考えずに次の廃墟へ。
そうして、下田富士屋ホテルが、一日目の一件目の探索となりました。
因みに、この後、泊まる所が無くて大変な目に遭うのですが、
それはまた他の廃墟の記事でお楽しみ下さいm(_ _)m

ーー前置き(その1)、おわりーー


「外観」
因みに、アニメ「夏色キセキ」のDVDの映像特典「フユイロ軌跡」で
廃墟前の道の駅の某バーガー屋に声優や監督達がロケハンで訪れた際に、
この廃墟の外観が少しだけ映り込んでいました(笑)。
DVDでは、2012年冬の下田富士屋ホテルを観る事が出来ますが、
なんか、当時の下田富士屋ホテルはもっと小奇麗だったみたいです。
その2012年から4~5年の月日が流れると、この様なボロボロの外観に!
人で賑わう道の駅の目の前で対照的な存在感を解き放つ姿、・・・素敵だ!
下田富士屋ホテル011


















廃墟の目の前には交通量の多い道路が通っており、
ご覧の通り、一般車両だけでなく様々な車両が通るので、ある意味、注意が必要。
下田富士屋ホテル012


















写真左下に少しだけ車の屋根が写っているが、
この車は、2016年に訪れた際にも2017年に訪れた際にも止まっていたので、
恐らく、当物件の所有者に近い者か近所の人の駐車場になっているのだと思う。
下田富士屋ホテル013


















「エントランス」
取り敢えず、何事も無く当たり前の様な顔をしてエントランスの車寄せへ。
下田富士屋ホテル014


















「外観」
車寄せから外観を見上げる。
下田富士屋ホテル015


















廃墟前はバス停になっており、時折、人が待っていたりするし、
廃墟前には店舗兼民家もあり、近隣の方々の迷惑にならない様、注意が必要。
因みに、バス停の名前は「間戸ケ浜」。なんか魔法少女みたい。
下田富士屋ホテル016


















外観の円形になっている部分は、1階2階共に浴場で、その右側は客室。
3階の客室は屋根が崩落してオープンカー状態になっている事が分かる。
1階にも窓があり、何かの部屋があると思われるが、
この部分に通じる道や扉が何処にも無く、謎の領域と成っている。
下田富士屋ホテル017


















再び、何事も無く当たり前の様な顔をしてエントランスの車寄せへ。
下田富士屋ホテル018


















「エントランス」
下田富士屋ホテル019


















「フロント/ロビー」
壁が緑!なかなか新しいセンス!いや、古いのか。古過ぎて、最早、斬新!
下田富士屋ホテル020


















フロントの右側の扉の先は、真っ暗闇の従業員区域になっている。
下田富士屋ホテル021


















下田富士屋ホテル022


















・・・ん?なんだ!? なんか廃墟内に萌絵な落書きがあるぞ!www
しかも何気に上手くてワロタwww一体何処のオタクだよッ!!!www
てか、なんで夏色キセキじゃないんだよぉぉぉぉぉーーーッ!!!!ヽ(`Д´)ノ
下田富士屋ホテル023


















「従業員室」
萌えな落書きは置いといて、フロント裏の従業員区域へ。
下田富士屋ホテル024


















暗くて分り難いが、よく見ると、暗闇の中に2階へと続く階段が見える。
因みに、この階段を「階段(1)」とし、
この階段で2階へ上ると、客室が3部屋ある領域に出ます。
下田富士屋ホテル025


















「フロント」
階段(1)では上階に上らず、フロントに戻って来ました。
下田富士屋ホテル026


















「ロビー」
下田富士屋ホテル027


















中央の階段を「階段(2)」とします。階段の下は、確か便所になっていた。
階段の左側は物置で、その反対の右端には奥へと続く通路がある。
下田富士屋ホテル028


















下田富士屋ホテル029


















下田富士屋ホテル030


















この廃墟には人形が多く、幾つかの場所に点在している。
下田富士屋ホテル031


















少しもっさりしているが、昔の日本人ぽくて良いお顔。
下田富士屋ホテル032


















それでは、写真中央に見える細い通路を奥へと進んで見ます。
下田富士屋ホテル033


















「通路」
通路は狭くて汚いが、クランク状に折れて続いている。
下田富士屋ホテル034


















通路を折れた正面にはボイラー室?だろうか。通路は更に右に折れて続く。
この辺りは完全に従業員区域であろう。流石に通路が細過ぎる。
下田富士屋ホテル035


















ボイラー室?にも人形が放置されていた。目が細くて好みのお顔ではあるが、
如何せん、放置された場所が悪く、湿気等で腐っている。
誰だよ、こんな場所に置いた奴はッ!
僕は廃墟趣味と同時に人形集めも趣味なので、これは許せない!
てか、廃墟に人形を残すぐらいなら、僕に連絡をくれたら引き取りに行くのに!
可能であれば持って帰ってあげたい所ではありますが、
こんなに腐ってしまったらどうしようもないので、放置して先へ進みます。
因みに、市松人形やビスクドール等、いらない人形があれば当ブログに連絡を下さい。
気に入れば安く買い取るか無料で引き取りに伺います。宜しくお願い致します。
下田富士屋ホテル036


















クランク状の通路を進むと・・・、通路右側には浴室が2つ。
そして、突き当たりを左に折れると階段があり、2階へと続いている。
因みに、外観を見る限りでは、先述した様に、
この突き当たりの壁の向こう側にも空間が広がっている筈であるが、
1階からは行けなかった。何とか行けないかと上階からも試みたが無理だった。
一体、何処から行けば辿り着けるのか・・・、第5話「俺にはさっぱりわからねえ!」
情報、求ム!
下田富士屋ホテル037


















「階段(3)」
こちらの階段を「階段(3)」としますが、この階段は使用せず、一先ず戻ります。
下田富士屋ホテル038


















階段(3)から下を見下ろす。階段下の正面は「婦人浴室」であり、
当然、婦人浴室前で通路は右に折れてロビーまでクランク状に続いている。
下田富士屋ホテル039


















「婦人浴室」
先ずは脱衣所。狭過ぎて2~3人でぎゅうぎゅう詰めの満員である。
下田富士屋ホテル040


















浴室も狭い!これが昭和の男尊女卑仕様!これは酷い!
下田富士屋ホテル041


















浴槽では、巨大なカエルとカニがミイラ化していた。ご愁傷様。
下田富士屋ホテル042


















ここは婦人浴場で且つ1階。
スリガラス&ガラスタイルとは言え、外からシルエットが見えるんじゃなかろうか。
・・・これは、変態が、入浴する婦人の裸のシルエットを覗きに来ていたに違いない。
下田富士屋ホテル043


















ここでは、変態が、脱衣する婦人の裸のシルエットを覗きに来ていたに違いない。
下田富士屋ホテル044


















「通路」
それでは、来た道を戻ります。
突き当たりの扉の先で通路はクランク状に折れて続いているが、
先ずは、扉の手前にも浴室があるので、そちらへ。
と言うか、この通路、狭いし暗いし殺風景だし、
絶対に従業員専用の通路だと思っていたのに、客も通る通路だったのか。
下田富士屋ホテル045


















「家族風呂」
で、こちらは家族風呂。脱衣所は婦人浴室よりも更に狭い!
下田富士屋ホテル046


















浴室も狭けりゃあ、浴槽なんて「一人用かよ!」ってぐらい狭い!
家族風呂なのに家族で入れないだろ!"家庭の風呂"並の家族風呂である。
いや、今時の"家庭の風呂"よりも狭い家族風呂である。舐めとる。
下田富士屋ホテル047


















「フロント/ロビー」
酷い婦人浴室と家族風呂と狭い通路を通って、ロビーに戻って来ました。
下田富士屋ホテル048


















「階段(2)」
それでは、階段(2)で2階へ進みます。階段(2)からロビーを見下ろす。
下田富士屋ホテル049


















それでは、2階へ。
下田富士屋ホテル050


















下田富士屋ホテル(2階・前編)

Comments

    • 阿波の廃墟マニア's comment
    • 2017年09月10日 19:23
    • こんばんは。夏色キセキのDVDの特典映像気になりますね。金銭に余裕ができたらチェックしたいと思います。この物件を訪れた時に伊豆急下田駅に夏色キセキ関連の場所や作中によく登場したコンビニを訪れました。あと萌えキャラ、よく見えなかっだけど何かのアニメのキャラ?もしくはオリジナルなのかな?屋根が崩壊してる表現もなかなかよかったですよ。自分は青空教室状態と表現しますw
    • C.C.'s comment
    • 2017年09月10日 20:11
    • こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      DVD特典の映像は一瞬しか映っていないので、
      まぁ、夏色ファンか下田富士屋マニア以外は特に無理してチェックする必要は無いかと思います(笑)。

      聖地巡礼、イイですね~。
      僕も次に訪れた時には軽く立ち寄ってみたいと思っています。
      足湯は解体されたとか聞いた気がしますが・・・。

      萌え落書きは・・・、なんか魔法少女っぽかったですが僕もよく分かりません。

      屋根崩落はいろんな表現があって面白いですね(笑)。
      因みに、僕は「ぱにぽにだっしゅ」で一条さんがオープンカーに対して放った
      「透明な屋根が付いてますね」という表現が好きなので、そこに繋げるつもりですw

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
  • 前田醫院(中編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ