実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
date : 2015.07.

関西の人里離れた山奥の奥の奥、辺境の其のまた辺境に在る無人集落の裾、
迫る緑の山々とダムの貯水池に挟まれ、最早、誰も訪れぬ地で、
悪戯に破壊されて痛ましい程の無残な姿を静かに晒し続ける廃墟。
僻地に置き去りにされ、人々に忘れ去られた幽き存在感で、
且つ貫禄纏いて悠久の時を過ごす此れは、秘境に御座す幻の廃校である。

東ノ川小中学校001


















東ノ川小中学校002


















東ノ川小中学校003


















東ノ川小中学校004


















東ノ川小中学校005


















東ノ川小中学校006


















上北山村立東ノ川小中学校(前編)
上北山村立東ノ川小中学校(中編)
上北山村立東ノ川小中学校(後編)

さて、この廃校ですが、何度も書きますが凄まじい辺境の地にあります。
大阪から車で凡そ4時間。
岡山の西端でも3時間程で行けるにも関わらず、隣の県なのに4時間である。
しかも、数時間コンビニを見掛ける事は無く、更に、終盤の45分は家すら無い。
当然、携帯も圏外だったと思う。

この日は、気分転換に有給を使って訪れたのですが、
雨男らしくいつもの如く、台風やら集中豪雨やらが予定日前に纏めてやって来て、
予定日は何とかギリギリ集中豪雨明け。
しかし、数日間続いた豪雨明けで、当然、この地域では土砂災害警報が出ていた。
かと言って、折角休みを取ったのに行かないわけにはいかず、とりあえず、出発。
途中までは順調でしたが、やはり酷道山道に入った所で通行止めに。
後続のトラックと共にどうしたものかと考えていると、
対向から走って来たトラックが、通れた、大丈夫、と言うので、再度、出発である!

しかし、これがまた荒れ放題の酷い道の有様で、
枝や小石が散乱しているのは当たり前。
道路に迫り出した断崖絶壁の山肌からは滝の様に水が溢れ出し、
時に滝に打たれながら、時に深く水没した道を慎重に通り過ぎ、
落石や土砂崩れの予兆は無いかと常時注意深く周囲を観察し、
大自然の脅威に慄きながら数時間、漸く辿り着いた廃校なのである。
・・・まぁ、普通の天候の日に訪れれば何て事は無いのかも知れないが、
雲行きが怪しい日、況してや警報が出ている時には訪れない事を強くお勧めする。

そんな感じで訪れた辺境中の辺境に在る当廃校ですが、
大自然に対する緊張感が勝って、廃墟探索を余り満喫出来ませんでした。無念orz

そんなわけで、好天に恵まれた日に機会があればまた訪れたいと思います。

それにしても、生徒僅か5人て・・・。

Comments

    • 人形's comment
    • 2015年11月13日 16:19
    • いつも思うのですが、管理人様の文才ハンパないですね。
      こんな重厚な文章がよく思いつきますね。素敵です。
    • C.C.'s comment
    • 2015年11月14日 06:07
    • お褒め頂き、有難うございます!
      しかし、重厚だなんて、とんでもないです!
      エロゲーで鍛えた文才(?)なので本当に恐縮です、すみません!
    • zx900's comment
    • 2015年11月20日 13:03
    • 5 私も春先に訪れました(^_-)
      こんな山奥なのに
      ガラスが割られて落書きもあり
      痛々しい姿でしたね~
      釣り人の仕業??

      自然に朽ちていく姿こそが美しいのですが

      って思うの我々だけかな?σ(^_^;
    • C.C.'s comment
    • 2015年11月21日 08:47
    • 何処かで見た情報では、
      尾鷲等のヤンキー達がわざわざ遥々やって来て破壊して行ったとか・・・酷い話です。
      自分の学校の窓割っときゃいいのに。

      自然に朽ちていく姿は素晴らしいのですが、
      その様な恵まれた物件は、やはり少ないですよねー。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ