実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
date : 2015.01.


ーーー前置きーーー

そう言えば、今まで摩耶花壇には訪れた事が無かったなと思い、
たしか、駅の西側だったはずなので、摩耶観光ホテルから勘で向かってみた。

ホテルの北側から山道(ほぼ獣道)を通り、西へと進んだ所、
何やら道ですらなくなってきて迷ったので、一先ずネットで検索。
すると虹の駅の西側みたいな情報を見付けたので、
獣道から外れて、駅の北側へと出て、何食わぬ顔で駅の北側を通り、
駅の北西に再び獣道があったので、それを進んでみたのだが、
その道がなかなかの獣道っぷりで、枝を掻き分け、木の根に足を引っ掛けて転び、
急傾斜の山肌を滑落しつつ足掻いてよじ登り、幾度か死にかけたが、まだ進む。
手を切り血が流れ、ブーツの中で靴下は捩れ、大冒険にも程がある!
しかし、こうなる前に早く気付くべきであった、「この道は違う」と! いや、それよりも、
花を売っていたらしい摩耶花壇がこんな大冒険の最中に在るはずが無いだろう!
これでは誰も花を買いに来れないだろう! 莫迦なのか!!

そんなわけで、来た道を引き返す。
そして駅の北側へと再び出てきたのだが、一体、摩耶花壇は何処に在るのか。
仕方が無いので、今度は駅の西側を何食わぬ顔で通り抜けると、駅前に出た。
今回、初めて虹の駅を訪れたのだが、
何やら犯罪者が警察署の前を通る時の様な落ち着かない気持ちになった。
そして驚いた事に、ケーブルカーの駅とロープウェイの駅は別々になっていた。
恥ずかしながら、今までずっと駅は一つだと思っていたのだが、二つあって驚いた。
それに、もっとボロボロの駅だと勝手に想像していたのに、キレイな駅で驚いた。
そこには、全く以て予想外の景色が広がっていたのである。

さて、駅よりも、今、重要なのは摩耶花壇である。

ロープウェイの駅の横に少し広めの階段があり、
上には何があるのかと思い、階段を上ってみると・・・・・・あったッ!!!
こんな簡単な所に摩耶花壇があった!!!
今までの僕の大冒険、元い、苦労は何だったのだぁー!!!

やはり、行き当たりばったりでは駄目ですね、
いや、行き当たりばったりでも結局は辿り着きましたが、事前の調査は大事です。

摩耶花壇に行くのに、こんなに大冒険をした阿呆は他にいないのではなかろうか。

                                 ーーー前置き、終わりーーー


さて、ロープウェイの駅の西側の階段を上り、少し進むと、
広場の一角に摩耶花壇が見えてくる。
摩耶花壇001


















余りにもボロボロ過ぎて一瞬目を疑ったが、
「摩耶花壇」と書いてあるので間違いない。
摩耶花壇002


















しかし、「摩耶花壇」の看板は崩落して落下したのだろう。
気休めの柵にぐったりともたれかける様に看板が置いてあった。
摩耶花壇003


















「外観」
今にも倒壊しそうな程にボロボロである。瓦礫と化すのも時間の問題であろう。
摩耶花壇004


















摩耶花壇005


















摩耶花壇006


















摩耶花壇007


















下へと階段が伸びている。
摩耶花壇008


















階段があれば下りてみたくなるのは廃墟マニアの性であるので、下りる。
摩耶花壇009


















「地下部分」
階下には嘗て部屋でもあったのだろうが、今は何も無い。
摩耶花壇010


















摩耶花壇011


















摩耶花壇012


















何やら通路があって、隣にも部屋らしき空間がある。
摩耶花壇013


















通路を振り返る。
摩耶花壇014


















隣の空間も同じく、何も無い。
何も無いが、しかし、この地下空間は何だか悪くない雰囲気を醸し出している。
摩耶花壇015


















右端の出入り口は、正方形の窓の外に見える階段に繋がっている。
摩耶花壇016


















摩耶花壇017


















階段を上がり、地上へと出る。
摩耶花壇018


















先程上がってきた階段と摩耶花壇本体との間にも、嘗ては何か建っていたのだろう。
取り壊された跡のコンクリ片が未だ残っている。
恐らく、宿泊施設跡、後の療養所跡だと思う。
摩耶花壇019


















遠くから見ると、こんな感じで、
右側の小山の上にも何かがあった様な雰囲気があり、恐らく、こちらは釜風呂で、
嘗ては、かなり大きな施設だったのではないだろうか。
因みに、駅の横の、最初に上ってきた階段の横にもコンクリ片が残っていた。
その奥には廃墟化した汚いプレハブ小屋も在った。
摩耶観光ホテルの現役時には、この辺りは賑わっていたのかも知れない。
摩耶花壇020


















摩耶花壇021


















摩耶花壇前の広場の奥には物置小屋みたいな建物もある。
摩耶花壇022


















それでは、再び摩耶花壇(裏側)を見て、今回の探索は終了です。
摩耶花壇023


















摩耶花壇024


















摩耶花壇025


















道の反対側にも何かの土台らしき跡がある。
そう言えば、大冒険中に遥か下方からこれを見上げた記憶がある。
嘗ては、こちらにも建物があり、摩耶花壇の方と地下で繋がっていたのだとか・・・。
摩耶花壇026


















さて、この摩耶花壇であるが、地上部分は最早崩落寸前の様相で、
ボロボロ極まりなく、その上、何も残っていないので、
廃墟マニア的にはわざわざ見に来る価値は無いとは思うが、
まぁ、近くに立ち寄った際には、
最期の姿を各々の記憶に残しておくのも悪くないのではなかろうか。

現在の状態からは往時の姿が想像出来ないのが残念ですが、
賑わっていた頃にこの地を訪れてみたかったと思える場所であった。

摩耶観光ホテルへ戻る。

Comments

    • 博士's comment
    • 2016年03月03日 00:41
    • 5  二階建ての白い洋館風の壁面に"和洋御料理 摩耶花壇"と左から右に、更に"アサヒビール"とこれも右から左に浮彫文字が貼りついた大きな建物の写真を入手しました。 これぞ幻の「摩耶花壇」と称するレストランの在りし日の姿。
       神戸市が案内する「摩耶遺跡」標石のプレートに掲げられた建物と同じアングルなので、撮影時期が異なるだけで間違いないと確信する次第。 
    • C.C.'s comment
    • 2016年03月03日 09:12
    • 現代のデータ写真とは違って、昔の写真はとても貴重ですね。
      そう言えば、実際に写真を手にした事なんて、十年以上無い気がします。
      浪漫ですね。
    • 博士Y's comment
    • 2016年03月04日 04:52
    •  コメント記入の同日に、感想をいただけるなんて思いも寄らず感激です。
      遺跡である「摩耶花壇」が、いまや倒壊寸前の2代目の「摩耶花壇」と混同されて、ややこしくなっているように思います。

       神戸市が紹介する遺跡「摩耶花壇」は、堅牢そうな地下コンクリート土台の上に大正時代に建てられた床面積150㎡位の2階建て洋館。 モミの木の下で倒壊しかけている茶店風の木造小屋は2代目「摩耶花壇」で、1代目「摩耶花壇」を解体した時の廃材で建てたものに同じ名前を付けたようです。
    • C.C.'s comment
    • 2016年03月04日 23:48
    • 貴重な情報ありがとうございます。
      現在の摩耶花壇は2代目だったんですね。しかも廃材造りw
      マヤカンの様に、初代摩耶花壇も残っていれば重畳でしたのに・・・。
    • 博士Y's comment
    • 2016年06月23日 19:53
    • 5 摩耶花壇について、色々な写真や、史料が集まったので、
      次のHPを作りました。 良かったらご覧ください。

      http://senior-care.xsrv.jp/mayakadan/index.html
    • C.C.'s comment
    • 2016年06月23日 23:03
    • ありがとうございます。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ