実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。
※この廃墟は、余りに麗しくない部類である為、食事中には閲覧しない事をお勧めします。

「3階廊下」
3階も例に漏れず水浸しである。
しかし、この日は非常に良い天気で気温も暖かくなり、
廊下には葉っぱも生えて、まるで廃墟が僕を歓迎してくれている様である。
前回訪れた時とは正反対だ!やっとデレ期キター!
鶯花荘寮055








































因みに、3月に訪問した時には、こんなに緑の葉っぱは生えていなかった。
夏に向けて緑が繁茂し始めている・・・・・・うん、すごくイイ!
鶯花荘寮056


















「3階部屋(1)と(2)」
右の扉が(1)、真ん中の扉が(2)、左の扉が便所である。
因みに、(1)も(2)も鍵が掛かっていて入れない。
さて、1度目に訪れた時は、扉の割れた窓から中を覗くと猫がいた。
モッサモッサとした毛の長い黒猫で、
まるでこの廃墟の主の如く貫禄を漂わせて座っている姿が凄く絵になっていて、
咄嗟にカメラを構えたが、構えた時には既に逃げていた(笑)。残念。
2度目の訪問では前述の通り3階には来ていない。
3度目に訪れた時は、何とか中に入れないかと部屋の前でガタガタやっていると
白い猫が何事かと様子を伺いに顔を出した!でもやっぱり撮れなかった!
この部屋はもしかすると猫達の憩いの場になっているのかも知れない!
鶯花荘寮057


















「3階部屋(1)」
入れないけどもやっぱり中がすごく気になって、割れた窓からしつこく撮影。
鶯花荘寮058








































下の穴からも、しつこく撮影。
きっと猫達は「こいつ、しつこいニャ」と呆れていたに違いない。
鶯花荘寮059


















「3階部屋(2)」
この部屋は特に面白そうではない。
鶯花荘寮060








































「3階便所」
特に面白くも何ともない。
鶯花荘寮061








































鶯花荘寮062


















「3階部屋(3)」
写真では分からないが、割れた床板の下に水たまりが見える気がする。
も、もしや、床下一面、プールになっているんじゃなかろうか!
そんな部屋は今まで見た事が無いぞ!スープおじさんとか居ないだろうな!?
近付いて確認したいけども、やはり鍵が掛かっていて入れない。
鶯花荘寮063








































「3階廊下」
廊下最奥から階段の方を振り返った景色。
鶯花荘寮064








































「3階部屋(4)」
何の変哲もない普通の廃墟部屋である。
鶯花荘寮065








































鶯花荘寮066








































鶯花荘寮067


















「3階廊下」
鶯花荘寮068


















「3階部屋(5)」
この部屋も普通である。
鶯花荘寮069








































鶯花荘寮070








































鶯花荘寮071


















ちょっとベランダに出てみたが、連休で前の道路は車の往来が激しく、直ぐに撤退。
鶯花荘寮072








































「3階部屋(6)」
入れない。
鶯花荘寮073








































「3階部屋(7)」
旅館の備品が放置されている。
鶯花荘寮074








































鶯花荘寮075


















「3階部屋(8)」
これまた入れない。
扉を蹴破って無理矢理入るという野蛮な手法もあるのかも知れないが、
それは余りに愚かしい。
やはり、物を大事にするというのは日本人の素晴らしい心であり、
古来より日本人が培ってきた付喪神の観念が僕の血の中にも少し流れているのだろう。
廃墟にも優しく接してあげれば、廃墟を恐れる等という概念は生まれないはずである。
何が言いたいかと言うと、
現在では萌え文化となってしまっている擬人化は、実は素晴らしい文化なのだ!
鶯花荘寮076








































「3階廊下&階段」
夏になれば、この草たちはどこまで成長するのか楽しみである。
根を張れなくて枯れているかも知れないが・・・。
鶯花荘寮077


















鶯花荘寮078


















鶯花荘寮079


















鶯花荘寮080








































鶯花荘寮081

















最後に屋上へと上がる・・・っと、待て!上がったら目の前に隣家の窓があった!
これは目立ち過ぎて流石に無理だ!屋上は諦めるしかない!
鶯花荘寮082


















崩落しまくった屋根から覗く木々の緑と空の青に心が癒される。
鶯花荘寮083








































汚いとか気持ち悪いとか何だかんだ言いつつ、
3度も訪れれば愛着も湧いて、意外と好きな廃墟になりました。
また様子を見に来たいです。
鶯花荘寮084


















鶯花荘寮へ戻る

Comments

    • さら's comment
    • 2015年10月03日 11:30
    • こんな廃墟に一人で入れるなんてスゴイですね・・
      怖い物見たさでサイトお邪魔していますw
      怪我や事件に巻き込まれないよう気を付けてくださいね~
    • C.C.'s comment
    • 2015年10月04日 08:50
    • コメントとお気遣い、有難うございます。
      事件に巻き込まれる事は無いとは思いますが、
      怪我は・・・気を付けていますが何とも言えませんw
      それよりも何よりも、
      カビだらけの劣悪な空気でそのうち病気になりそうで、それが一番怖いです。
      あと、全くスゴくも何とも無いです、一人が好きなだけですので。
    • ナノ's comment
    • 2016年04月14日 22:01
    • 5 こんにちは‼
      この廃墟の近くに住むものです。
      いろいろいわくつきの廃墟ですので、
      心霊的に?気を付けて下さいね。
      でも、近くにいても、足を踏み入れられなかったので、
      興味深く拝見しました‼
    • C.C.'s comment
    • 2016年04月15日 02:50
    • こんにちは。
      拝見して頂き、その上、コメントまで頂き、どうも有難うございます!

      心霊的には問題無いですが、バイ菌的にはかなりヤバイと思うので、
      足を踏み入れなくて正解だと思います(笑)。病気になります。

      因みに、僕は毎週1000kmぐらい運転してますが、未だに無事故です。
    • 's comment
    • 2017年08月07日 08:46
    • うそ...地元...
    • C.C.'s comment
    • 2017年08月07日 13:28
    • 良い所に住んでおられますね。
    • ロンヤン's comment
    • 2018年05月13日 11:55
    • ハクビシンが住んでましたね。
    • C.C.'s comment
    • 2018年05月14日 08:36
    • ハクビシン!見た事無いです!
      猫も住んでいた様な気がしましたが・・・。
    • こん!'s comment
    • 2018年09月16日 15:05
    • こんにちわ、当方もかつて横向温泉ロッジとかに攻めてたクチです
      いやぁ、こんな所に一人で三度も攻めるとかやりますねぇ
      興味深く拝見させてもらいました、これ夜は絶対行きたくないわw
    • C.C.'s comment
    • 2018年09月17日 03:48
    • こんにちは。記事を拝見して頂き、どうも有難うございます。
      横向きロッジは東北でしたっけ?東北方面は余り知りませんが、有名ですよね。
      関東~東北方面は良さそうな廃墟が多くて是非行ってみたいのですが、
      大阪からは遠すぎて・・・(^_^;)夢の領域ですw

      鴬花荘寮は、取り敢えず何よりも、汚くて強烈だったと記憶しています(笑)。
      まぁ廃墟は基本的に何処も汚いですが、ここの汚さは異常でした!
      バイ菌だらけだと思います。
      正直、夜であろうが昼であろうが、もう行きたくないです(笑)。
    • 結生's comment
    • 2018年09月26日 20:45
    • 5 拝見させて頂きました!
      私は菰野町民ですが、こんなやばい廃墟があるなんて知りませんでした!鶯花荘には行ったことありますが、まさか社員寮があったとは!
      お体とお心にお気を付けて!ありがとうございました🤗
    • C.C.'s comment
    • 2018年09月27日 03:03
    • コメントを頂き、どうもありがとうございます!
      こちらの廃墟は鴬花荘から少し離れていますが、寮らしいです。
      菰野町民だと温泉が直ぐ近くで良いですね!
      素晴らしい廃墟群に直ぐに行けて、良い温泉にも直ぐに入れるだなんて、羨ましいです!
      こちらこそ、有難うございましたm(_ _)m

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 古市医院
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
  • 横向温泉ロッジ(4階・後編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ