実際に廃墟に行かなくても行ったかの様な気分になって頂けたら幸いです。

date : 2012.11.

人々に忘れ去られ神威を失ったのか

神秘的な空気も神々しさも薄れ、それらは自然へと帰り、

物寂しささえ醸し出す其処は信仰の遺物。

長閑な田園の片隅にひっそりと佇む廃神社である。

「鳥居その1」
白高大神001


















「鳥居その1(全景)」(写真中央)
白高大神002


















「道程その1(幾つ目かの鳥居)」
白高大神003


















「寄り道その1(廃屋)」
白高大神004


















白高大神005


















「道程その2」
白高大神006


















「道程その3」
白高大神007


















「寄り道その2」
白高大神008


















白高大神009


















白高大神010


















白高大神011


















「道程その4」
白高大神012


















「白高大神」
白高大神013


















白高大神014


















白高大神015


















白高大神020


















「洞窟内祭壇」
白高大神019


















白高大神016


















「洞窟内祭壇、その奥」
白高大神017


















「神が見ているであろう景色」
白高大神018


















僕が無心論者で且つ霊感も皆無である事が影響しているのかも知れないが、

神域の神々しさの様なものを一切感じなかった神社であった。

もし信仰している方々がいるならば申し訳ないが、本当にもぬけの殻と言った風情。

だが、それが好い按配で、田園風景と物寂しさが心に沁みる癒しの領域であった。

で、何とか洞窟の最奥まで行こうと試みましたが、石の祭壇で柵が塞がれていて断念。

柵はどうやら「引く」専門で、押しても開かないし、祭壇を動かそうにも重くて動かせない。
もし変に動かして倒れでもしたら、えらいこっちゃであるし、
・・・あぁぁ、奥に何か見えるんだけどなー、もどかしい!

そんなわけで、まぁ当分行く予定はないですが、また行きたい場所なので

また佳い写真が撮れたら更新しようと思います。

Comments

    • 's comment
    • 2017年12月13日 00:11
    • 廃神社といえば伏見神社近くの伏倉大神(御壺瀧)もおすすめですよ。近くまで来たときは是非。
    • C.C.'s comment
    • 2017年12月13日 08:26
    • 情報ありがとうございます!
      京都はなかなか行く機会がありませんが、運良く仕事で行く事があれば一先ず下見して来ます!

      この近所で思い出しましたが、そう言えば、2~3年程前に仕事で祇園まで来たついでにインクラインと全ナンタラ美術館?を見て、その後、小便しようと思って全ナンタラから南東に少し行った先の路地を北に入ったら、その行き止まりに、なかなか強烈そうな廃屋群みたいな区域があって、ずっと気になっていたのですが、まだあるのでしょうか・・・?

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
ギャラリー
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
  • 松籟荘(中編)
最新コメント
伝言
  • ライブドアブログ